Skip to main content
close Search
Close search

機能の不具合を報告するバグの作成

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

アプリケーションを改善するには、悪影響がありそうな問題を特定し、機能欠陥をレポートするバグを作成します。 バグを作成すると、開発チームは欠陥を追跡し、問題を修正してより良い製品を提供できます。

Before you begin: ビデオやスクリーンショットでチームにコンテキストを提供して機能開発を促進するために、HTTPSプロトコルを使用して、Google Chromeでアプリケーションにログインします。
  1. App Studioのヘッダーで、Agile Workbench のアイコンをクリックします。

  2. オプション:

    ビデオを録画したり、スクリーンショットをとったりするために、Agile Workbenchツールで、ツールの下部にある「Install the plugin」をクリックして、Pega Screen and Video Capture拡張機能をブラウザに追加し、次にGoogle Chromeの指示に従います。

  3. Agile Workbenchツールのヘッダーで、「Create work item」「Create bug」をクリックします。

  4. 「Name」フィールドに問題を要約するテキストを入力します。

  5. 「Description」フィールドに、バグを再生するステップを含むテキストと、補足情報を入力します。

    For example: アプリケーションへのログイン情報を提供できます。このようにすると、チームがバグを迅速に修正するのに役立ちます。
  6. 「Associated feature」リストで、バグに関連する機能を選択します。

  7. 「Due」フィールドで、バグ解決の期限を選択します。

  8. 「Severity」フィールドで、バグがアプリケーションに影響を及ぼす度合いを示すオプションをクリックします。

  9. オプション:

    バグの解決を迅速にするには、「Owner」フィールドにユーザーIDを入力してバグをユーザーに割り当てます。

  10. オプション:

    添付ファイルを追加するには、「Add attachment」をクリックしてから、添付ファイルタイプを選択します。

    選択肢 手順
    ビデオの録画
    1. 「Attachments」メニューで、「Record video」をクリックします。

    2. 「Share your screen」ウィンドウで、録画する画面を選択し、次に「Share」をクリックして録画を開始します。

    3. 「timer」ウィンドウで、「Stop」をクリックして録画を停止します。

    スクリーンショットの撮影
    1. 「Attachments」メニューで、「Capture screen」をクリックします。

    2. ターゲットのポインターを、バグが表示された画面エリアにドラッグします。

    3. ターゲット ポインターの下のテキストフィールドに、バグに関する追加情報を入力し、次に「Capture screen」をクリックします。

    4. 「Share your entire screen」ウィンドウで、キャプチャする画面を選択し、「Share」をクリックします。

    ファイルの添付
    1. 「Attachments」メニューで、「Attach files」をクリックします。

    2. 「Attach file(s)」ウィンドウで、アップロードするファイルを選択し、次に「Attach」をクリックします。

    URL を添付
    1. 「Attachments」メニューで、「Attach URL」をクリックします。

    2. 「Add a link」ウィンドウで、「Name」フィールドにURLの説明的な名前を入力します。

    3. 「URL」フィールドに、URLを入力します。

    4. 「Attachment category」リストで、「URL」を選択します。

    5. 「Submit」をクリックします。

  11. 「Save」をクリックします。

補足: 開発チームとバグについて話し合う 詳細情報については、「Collaborating with development teams」を参照してください。

  • 機能拡張のリクエスト

    機能強化をリクエストして、アプリケーションを特定のビジネスニーズに合わせて改善ならびに調整できます。 フィードバック アイテムを作成して、機能強化をリクエストします。 開発チームは、優先順位と使用可能なリソースに基づいてフィードバック アイテムをトリアージし、強化内容を実装または却下します。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 25% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

修正を提案する。

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice