Skip to main content

データページ保存計画の作成

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

データをシステムオブレコードに保存するために使用するデータページを作成するには、保存プランを使用します。

たとえば、プロセスのステップでデータページを参照し、フローアクションに表示して保存すれば、顧客の住所を編集できます。

次の保存プランが利用可能です。

  • 「Database save」 – このオプションはデータをシステムオブレコードに保存するために使用します。
  • 「Connector」 – このオプションはデータを保存して永続化するために使用します。
  • 「Activity」 – このオプションはサポートされているREST、SOAPなどの統合コネクターオプションを使って、データを任意のシステムに永続化するロジックを作成するために使用します。
  • 「Robotic Automation」「Robotic Desktop Automation」 – 「Robotic Automation」や「Robotic Desktop Automation」を利用していて、更新データを外部のシステムオブレコードに書き込むときや、ロボティクスを活用して他のビジネスニーズに対応する必要があるときに、これらのオプションを使用してデータページを取得します。
  1. Dev Studioのナビゲーションパネルで「Records」をクリックします。

  2. 「Data Model」カテゴリーを展開し、「Data Page」をクリックします。

  3. 開きたいデータページの行をクリックします。

    補足: データページが「Definition」タブで開きます。
  4. 「Data page definition」セクションの「Structure」フィールドでは、データページをどの構造にするか選択します。

  5. 「Object type」フィールドで、データページを適用するクラスを入力するか選択します。

  6. 「Mode」フィールドで「Savable」を選択します。

  7. 「Scope」フィールドでデータページにアクセスできるスコープを選択します。

  8. 「Data sources」セクションのフィールドに入力して、データページに入力するデータのソースを識別します。 これらのフィールドの記入方法については、「Creating a data page」を参照してください。

  9. 読み込み後にデータを処理するには、「Post load processing」フィールドで、読み込んだデータを処理するアクティビティの名前を入力するか選択します。

  10. 「Data save options」セクションの「Save type」フィールドでデータの保存に使用するプランを選択します。

    選択肢 手順
    Database save 「Database save」は、「Page」構造のデータページで利用できます。
    1. 「Class name」フィールドでデータを保持するクラスを入力するか選択します。
    2. 「Class name」フィールドのクラスがデータページのクラスと異なる場合は、「Data Transform」フィールドで「ルールオープナー」アイコンをクリックし、テンプレートを使用してデータトランスフォームを作成します。 このデータトランスフォームはデータページクラスを「Class name」フィールドにマッピングします。
    3. オプション:バリデートルールを使用するには、「Validate rule」フィールドにバリデートルールを入力するか選択します。
    コネクター 「Type」フィールドで使用可能な唯一のオプションはRESTです。
    1. 「Name」フィールドにデータを任意のシステムで永続化するために使用するRESTコネクターの名前を入力するか選択します。
    2. データページから保存ページにリクエストデータをマッピングするには、「Request Data Transform」フィールドでリクエストデータトランスフォームを入力するか選択します。
    3. 保存ページからデータページにレスポンスデータをマッピングするには、「Response Data Transform」フィールドでレスポンスデータトランスフォームを入力するか選択します。
    4. RESTコネクターを使って外部データベースに接続し、接続方法を識別するには、「Method」フィールドで、「POST」「PUT」、または「PATCH」を選択します。
    5. 提供されたデータを検証するには、「Validate rule」でバリデートルールを入力するか選択します。
    アクティビティ 「Activity name」フィールドでデータの保存に使用するアクティビティの名前を入力するか選択します。 このオプションを使って、RESTサービスなどの任意のシステムにデータを永続化するロジックを作成できます。
    補足: アクティビティ保存プランを使用する場合、値がアクティビティに渡されるため、「WriteNow」パラメーターは設定しないでください。
    ロボティックオートメーション
    1. 「Robotic Automation」フィールドで、「Assign to robot queue」スマートシェープを設定したケースタイプの名前を指定します。
    2. 「Timeout(s)」フィールドで、自動化の実行からデータページに情報が返されるまでのデータページの待機時間の値を秒単位で指定します。
    3. 「Data transform」フィールドで、データページにデータを保存するために使用するデータトランスフォームを指定します。
    Robotic Desktop Automation
    1. 「Robotic automation name」フィールドに、Pega Robotics Studioで作成したオートメーションのRobotic Automation IDを入力します。
    2. 「Timeout(s)」フィールドで、自動化の実行からデータページに情報が返されるまでのデータページの待機時間の値を秒単位で指定します。
    3. 「Data transform」フィールドで、データページにデータを保存するために使用するデータトランスフォームを指定します。
  11. オプション:

    このデータページの別の保存オプションを作成するには、「Add save」オプションをクリックします。

  12. 「Save」をクリックします。

  13. 入力パラメーターを定義するには、「Parameters」タブをクリックします。 詳細は、「Define input parameters for the activity」を参照してください。

補足: アプリケーションのシステムオブレコードにデータを保存するタイミングは、以下のプロセスから選びます。
  • フローアクションのポストプロセッシング。 詳細は、「Saving data in a data page as part of a flow action」を参照してください。
  • アクティビティ。 詳細は、「Saving data in a data page when running an activity」を参照してください。
  • フローの一部。 詳細については、「Save Data Page」を参照してください。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice