Skip to main content

保存可能なデータページ

保存可能なデータページと「Save data page」オートメーション

保存可能なデータページを使用して、システムオブレコード(SOR)がPega Platform™であるか、外部データベースなど別のシステムであるかに関わらず、データページで指定したデータページやページリストをSORに保存できます。 ケースのライフサイクルで「Save data page」オートメーションを使用して、保存可能なデータページからSORに対する更新を、Pega Platformで行う更新と同じトランザクションでリアルタイムに行えます。 オートメーションにより、ネットワークの停止などのエラーが発生した場合でも、双方のシステムの同期が維持されます。

たとえば、TGBという企業では、外部データベースをSORとして利用して人事(HR)データを持っており、その中には従業員の所属オフィスや席の位置などのデータを保管しているデータベーステーブルも含まれています。 従業員のオンボーディング中に、人事担当者は利用可能な席に基づいてオフィスの場所と席を従業員に割り当てます。 人事担当者がオフィスと席の割り当てを送信すると、ケースは「Save data page」オートメーションに到達します。 「Save data page」オートメーションでは、オートメーションで指定した保存可能なデータページにより、従業員ID、選択した席、オフィスがSORに保存されます。 1つのデータページを使用してシステムオブレコードからデータを読み込み、別のデータページを使用してデータをシステムオブレコードに保存します。

Savable data page and save data page step

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トランザクション処理

保存可能なデータページでは、Pega Platformの組み込みトランザクション処理を使って、データをSORに書き込めます。

トランザクション処理を使わない例について考えてみましょう。 オンラインで商品を購入し、クレジットカードで支払います。 銀行はクレジットカードによる支払いを処理しましたが、ネットワークの問題により、オンラインストアは支払通知を受け取れませんでした。 トランザクション処理では支払いと支払通知は同じトランザクションで実行されます。 トランザクションの一部が失敗した場合、双方のシステムに対する変更は、いずれかのシステムに対する更新が試行される前の状態にロールバックされます クレジットカードへの請求は行われず、注文は処理されません。

データ保存プラン

保存可能なデータページのための「データ保存プラン」では、保存がいつどのように実行されるかについて詳しく説明しています。 データ保存プランは、保存可能なデータページの「Data save options」セクションで指定します。 保存オプションはいくつでも指定できます。それぞれの保存オプションはwhenルールに関連付けられており、保存オプションを使用するタイミングが決まります。 データ保存には「Database save」、「Activity, Connector」、「Robotic Automation」、「Robotic Desktop Automation」の4つのオプションがあります。

次の画像で「+」アイコンをクリックすると、データ保存オプションの詳細が表示されます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 50% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice