Skip to main content

モジュール

システムオブレコードへのデータ保存

3 トピック

30 分

Visible to all users
初級 Pega Platform データ統合 日本語

アプリケーションでは多くの場合、システムオブレコードから提供されたデータを広範囲に使用します。 ケースの処理中に、ユーザーは更新データをソースに送り返す必要がある場合があります。 保存可能データページを設定して、更新データをキャプチャし、ケースワークフローにトリガーを追加して、更新をソースにプッシュバックします。

このモジュールを完了したら、以下の目的を達成できるようになります。

システムオブレコードのデータ更新における保存可能なデータページの役割を明確にする。
保存可能なデータページに保存プランを設定し、システムオブレコードを更新する。
保存可能なデータページを使用してデータをシステムオブレコードに保存するタイミングを指定するプロセスを設定する。

下記のミッションにも含まれています。

System Architect Data and Integration Foundation

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice