Skip to main content

データページ

オンデマンドのデータアクセス

ケースの処理では、他のアプリケーションやシステムをソースとするデータへアクセスする必要がよくあります。 ソースとするデータが正確であれば、ケースでエラーや望ましくない結果が生じる可能性が大幅に少なくなります。 Pega Platform™アプリケーションでは、データページが指定のデータソースからデータを取得してメモリー内にキャッシュします。 データページはデータソースとの統合を管理し、ビジネスプロセスを統合の詳細から分離します。 この分離によって、アプリケーションデベロッパーは、データソースや接続の詳細を知らなくても、アプリケーションでソースとなるデータを使用できます。

on-demand-data-gif

Pega Platformで使用される大部分のページとは異なり、アプリケーションは、データページにアクセスすると、明示的なアクションを実行するのではなく、データページのコンテンツの入力のみを試みます。 データページのコンテンツのオンデマンドの性質のために、データページは一種の宣言型ルールと見なされます。 Pega Platformは、メモリー内の他のページとデータページを区別するために、データページの名前の先頭に「D_」の文字を自動的に追加します。

補足: 7.1以前のバージョンのPega Platformで作成したデータページは、先頭に「D_」ではなく「Declare_」が付いています。

次の図の「+」アイコンをクリックすると、Pega Platformがデータページのコンテンツを入力する仕組みが表示されます。

データページの定義

Dev Studioでデータページ、別名データビューを作成できます。 データページを作成するときに、デベロッパーは4つの主要な情報を指定する必要があります。

  1. ページのコンテンツの構造
  2. データページのコンテンツによって表されるオブジェクトタイプ
  3. ページでサポートされる編集モード
  4. データページのスコープ
補足: App Studioでデータソースを指定すると、Pega Platformがデータオブジェクトに3つのデータビューを自動的に作成します。これらの3つのデータビューは、1つの項目が含まれるデータビュー、項目のリストが含まれるデータビュー、変更をデータソースにプッシュするように設定されたデータビューです。

構造(Structure)

ページの構造によって、データページに項目を1つだけ含められるか、複数含められるかが決まります。 データページの構造を設定するには、「Structure」ドロップダウンでオプションを選択します。

リスト構造を使用する場合、データページでは、「pxResults」という名前の順序付き配列にリスト項目が埋め込まれます。 リスト内の特定のレコードにアクセスするには、構文DataPageName.pxResults(n)を使用します。ここで、「n」は、レコードに対応する順序付き配列のインデックスです。

単一の株式の価格情報が含まれるデータページを考えてみましょう。 構造は「Page」に設定します。 ただし、データページに投資ポートフォリオのすべての株式の価格情報が含まれる場合は、構造を「List」に設定します。 次の図の中央付近にある垂直線を左右に動かして、ページとリスト構造の違いを確認してください。

オブジェクトタイプ(Object type)

ページのオブジェクトタイプは、データページに含まれる情報を識別します。 データページのオブジェクトタイプを設定するには、「Object type」フィールドにオブジェクトのクラスを入力します。 オブジェクトタイプによって、クラスに定義されているプロパティをデータページが参照できるようになります。 たとえば、保険会社が提供している歯科保険プランをリストするデータページには、プラン名、コスト、控除免責金額が含まれ、顧客が行った現在の注文をリストするデータページには、注文番号、注文日、合計コスト、配送先住所が含まれます。

object-type-data-page

編集モード(Edit mode)

データページの編集モードには、アプリケーションがデータページの情報を操作する方法や、そのような操作が可能かどうかが示されます。 データページのモードを設定するには、「Mode」ドロップダウンリストでオプションを選択します。

データソースからコンテンツをロードしたり更新したりする場合を除き、アプリケーションによってデータページが更新されないようにするには、編集モードを「Read-Only」に設定します。 読み取り専用モードにすると、ユーザーはシステムオブレコードをソースとする情報を編集できなくなり、データページのコンテンツは、システムオブレコードからロードされるコンテンツと常に一致します。 たとえば、自動車管理局のデータベースで自動車保険顧客の事故歴にアクセスする場合は、法律によってソースデータの編集が禁止されている可能性があります。 この法的要件に準拠するには、ページモードを「Read-Only」に設定します。

補足: データページのモードを「Read-Only」にすると、Clipboardツールの「Data Pages」カテゴリーにデータページがリストされます。

アプリケーションがデータページのコンテンツを編集できるようにするには、編集モードを「Editable」に設定します。 たとえば、顧客がリテーラーで注文をするときに、1件または複数の希望配送先住所を保存できるようにするとします。 住所のリストは、データページを使用して顧客データベースからロードされます。 注文時に顧客が住所を更新できるようにするには、ページのモードを「Editable」に設定します。

補足: データページのモードが「Editable」の場合、Clipboardツールの「User Pages」カテゴリーにデータページがリストされます。

ページのコンテンツをアプリケーションがデータソースにプッシュできるように保存プランを設定するには、編集モードを「Savable」に設定します。 たとえば、顧客が配送先住所を更新すると、アプリケーションが更新後の住所を、顧客データベースを更新するように設定されている保存可能なデータページにコピーします。 顧客が注文を完了すると、アプリケーションが保存プランに従って顧客データベースに接続します。

範囲

データページのスコープによって、アプリケーション内でのページコンテンツの利用範囲が決まります。 ページのスコープを設定するには、「Scope」ドロップダウンで、サポートされているオプション「Thread」「Requestor」「Node」のいずれかを選択します。

次の図の「+」アイコンをクリックすると、スコープオプションの詳細が表示され、スコープ設定を利用してPega Platformアプリケーション内でキャッシュされたデータを管理する方法を確認できます。

データ ソース

データページフォームの「Data sources」セクションを使用して、アプリケーションがデータページを参照したときにPega Platformがデータページのコンテンツを入力する方法を指定します。 データソースを設定するために、データソースのソースタイプと名前を指定します。 以下のオプションのいずれかを使用して、データページのデータソースを設定できます。

  • データトランスフォーム
  • アクティビティ
  • コネクター
  • レポート定義
  • Database lookup
  • ロボティックオートメーション
  • Robotic Desktop Automation

ソースタイプごとに、照会するデータソースを特定します。 以下の例は、クラス「GoGo-GoGoRoad-Data-Customer」「DataTableEditorReport」を実行して、データページにリスト構造を入力するように設定されたデータソースを示したものです。

Data source configured to populate a data page using a report definition

以下の場合に、データトランスフォームを設定して、ケースタイプかデータオブジェクトのデータモデルにレスポンスをマップする必要があります。

  • レポートディフィニッションを使ってページ構造をソースとする
  • ルックアップを使ってリスト構造をソースとする
  • Robotic Automationを使う
  • Robotic Desktop Automationを使う

複数のデータソースをソースとするデータ

複数ソースのデータを組み合わせてデータページに入力する必要がある場合、「Aggregate sources」オプションを選択します。 次に、照会する各データソースを特定します。 Pega Platformが、リストされている順序で、指定されているソースからデータページに入力します。

1つのデータソースをソースとする条件付きデータ

データページに、少なくとも1つのデータソースを指定する必要があります。 データページに複数のソースが含まれる場合は、データソースを照会するかどうかをテストするように各ソースの論理条件を設定します。 Pega Platformがデータページのデータソースを常に特定できるように、最後にリストされるデータソースの条件は「Otherwise」に設定されます。 アプリケーションがデータページを参照すると、Pega Platformが各条件をデータソース順に評価して、trueの結果を返した最初の条件のデータソースを使用します。

パラメーター

データページに入力するときに、ページのコンテンツを関連項目だけに制限したいことがあります。 たとえば、保険会社が引き受けているすべてのポリシーのレコードがデータベースに含まれるとします。 顧客が自動車保険ポリシーの補償範囲の調整を希望している場合は、データページに関連するポリシーレコードのみ入力する方法が必要です。

パラメーターを使って、データページのコンテンツを制限できます。 たとえば、データソースとしてルックアップを選択する場合、データページのレコードが一意に識別されるように、キー値を指定する必要があります。 また、パラメーターを使用してデータをレポートフィルターに渡し、在庫データベース内の特定の製品タイプなど、特定のレコードセットに結果を制限することもできます。 ドロップダウンやラジオボタン、プロパティ、その他の特定のルールタイプなどのUI要素からデータページにパラメーターを渡せます。 データページにパラメーターを渡すことができるルールタイプの完全なリストについては、ヘルプトピック「Passing Parameters to data pages from non-UI rules」を参照してください。

注: パラメーター化されたデータページを使用すると、クリップボードに複数のデータページインスタンスが表示される可能性があります。 データページにパラメーターを追加する場合は、これらの複数のデータページインスタンスの影響を考慮してください。 パラメーターの一意の組み合わせごとにインスタンスが必要でない場合は、「Load Management」タブの「Limit to a single data page」チェックボックスを選択し、パラメーターを変更したときにPega Platformが上書きする、パラメーター化された単一インスタンスページを保持するようにします。

パラメーター化されたデータソースを使用するには、データページレコードの「Parameters」タブでパラメーターのエントリーを追加します。

パラメーター化されたデータページを参照するには、各パラメーターの名前と値を含めます。 構文DataPageName[Parameter1_Name:Parameter1_Value,Parameter2_Name:Parameter2_Value,...].を使用し、括弧で各パラメーターの名前と値を指定します。

補足: ユーザーがパラメーター化されたデータページにアクセスしようとすると、Pega Platformでは、同じパラメーターに異なる値が含まれているデータページのインスタンスは無視されます。

以下のデータページの図の「+」アイコンをクリックすると、パラメーター設定の詳細が表示されます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice