Skip to main content

ページへの自動データ入力

Data accessオプション

Pega Platformには、ページにデータを自動入力するために、別のシステムやアプリケーションに保管されているデータを参照・コピーするオプションが用意されています。 選択するオプションによって、ケースでのデータの保管や更新が左右されます。

Gif that illustrates the different data access options for autopopulating a page

 

Refer to a data pageオプション

外部のシステムやアプリケーションの最新データが常に必要な場合は、データページを参照します。 このオプションを使用すると、Pega Platformアプリケーションに表示されるデータを確実に最新のものにできます。 ケースにデータのコピーは含まれません。 代わりに、アプリケーションが必要に応じてソースからデータを参照します。

たとえば、アカウント保有者の電話番号が新しくなった場合、ケースがそのデータにアクセスすると、更新された番号が表示されます。

Reference data from a data page

データは、データページに指定されているリフレッシュストラテジに従ってリロードされます。 プロパティ(ページまたはページリスト)は常にデータページの最新バージョンをポイントします。

データページのパラメーターを更新するとすぐに新しいデータページが作成され、 プロパティは新しいページをポイントします。
 

Data page parameters displayed in the Data options section

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

Copy data from a data pageオプション

特定の時点のデータが必要な場合は、データページのデータをケースにコピーします。 一旦データをケースにコピーすると、リクエストパラメーターを変更しない限り、データを再びソースから取得することはありません。

たとえば、ユーザーが保険金請求を作成すると、アプリケーションは外部システムからその請求に顧客情報をコピーします。 ケースを開くたびに、ケースに記録されている顧客情報が変更されることはありません。

Copy data from a data page

データページからコピーしたデータはプロパティに保管されます。 パラメーターを変更しない限り、データページには再度アクセスしません。 パラメーターを変更すると、新しいデータページが作成されます。 影響を受けたデータがプロパティにコピーされ、既存のデータが上書きされます。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice