Skip to main content

データページのリフレッシュ戦略

データの陳腐化とリフレッシュ

古いデータは、陳腐化したデータとも呼ばれ、誤った意思決定や、コストのかかるエラー、非効率的な処理につながる可能性があります。 ケースの結果を正確で望ましいものにするには、データページのコンテンツを最新にしておくことは重要です。 ユーザーが初めてデータページにアクセスすると、Pega Platform™がページに最新の情報を入力します。 後続のユーザーは、ソースデータが変更された場合でも、キャッシュされた同じデータにアクセスします。 ソースデータへの変更でデータページを最新の状態に保つには、リフレッシュストラテジを構成して陳腐化したデータを特定・制限します。

補足: データページでのリフレッシュストラテジの使用は必須ではありませんが、ユーザーが陳腐化したデータを表示したり、これに対して操作を行ったりするのを防ぐために、強く推奨します。

リフレッシュストラテジ

データページのリフレッシュストラテジには、データページのコンテンツが陳腐化しており、リロードする必要があると判断されるかどうかをテストするための条件を1つまたは複数定義します。 ユーザーがデータページにアクセスすると、Pega Platformはデータページに構成されているリフレッシュ条件を確認します。 ページが少なくとも1つの条件を満たす場合、Pega Platformは指定されたデータソースからページコンテンツをリロードします。

補足: データページのリフレッシュストラテジの設計には、データページに陳腐化したデータが含まれている可能性に対して、処理労力のバランスを取る必要があります。これは、スコープが「Thread」に設定されているページに特に当てはまります。 必ずプロジェクトの関係者に相談し、パフォーマンスへの影響と陳腐化したデータに対する許容可能な限度を定義してから、リフレッシュストラテジを構成してください。

データページレコードの「Load management」タブには、読み取り専用データページのリフレッシュストラテジを構成するオプションが3つ用意されています。

Reloadonce per interaction

「Reload once per interaction」オプションは、ユーザーがメモリー内のデータページにアクセスするたびにデータページのコンテンツを更新します。 このオプションは、スコープが「Thread」「Requestor」に設定しているページにのみ有効であり、他のリフレッシュオプションと組み合わせることはできません。

たとえば、旅行の予約で、顧客が選択した飛行機の座席情報をデータページに入力するとします。 「Reload once per interaction」を選択すると、顧客がデータページにアクセスするたびにページが更新され、座席情報が可能な限り最新になるようにできます。

Do not reload when

「Do not reload when」オプションはwhen条件を使用して、データページが古くなっていないかどうかテストします。 条件がtrueの結果を返す場合、データページのコンテンツは最新であると判断され、Pega Platformはデータページを更新しません。

たとえば、データページに指定された株券の価格と数量の情報が含まれるとします。 取引日が終わった後、次の営業日に取引が再開されるまで、価格と数量は変わらないままです。 データページの不要なリフレッシュを防ぐには、取引日の終了後から次の取引日の開始まで、Pega Platformがページをリロードすることを防ぐ条件を設定します。

Reload if older than

「Reload if older than」オプションは、一定時間のインターバルを指定してデータページが古くなっていないか判別します。 このインターバルが終わると、データページのコンテンツは陳腐化していると見なされ、次回データページにアクセスすると、Pega Platformによってデータページが更新されます。 つまり、「Reload if older than」のインターバルが10分のデータページで1200(午後12:00)に初めてアクセスされた場合、1210(午後12:10)のページは最新版ではないと見なされます。 その後、Pega Platformではユーザーが最新版ではないページにアクセスする際にページのコンテンツが更新されますが、これは1300(午後1:00)まで行われないかもしれません。

従業員のオンボーディングケースの例では、マネージャーが新入社員に座席の場所を割り当てます。 座席の場所のリストはすべてそれぞれのステータスとともにデータベーステーブルに保管され、オンボーディングケースで指定した支社で空いている座席の場所でフィルタリングしてデータページに入力されます。 データページは、各支社のインスタンスを保持するためにパラメーター化されています。 そのため関係者は、ページを毎分リフレッシュすれば、マネージャーが選択を重複することはないと分かります。

ヒント: データ変更の頻度を考慮して、データページのリロードによる処理上の負担を最低限に抑えるリフレッシュストラテジを設計します。 eコマースオンラインショッピング企業など、価格データが含まれるデータページは、価格変更を反映するために、1秒ごとにリフレッシュする必要があります。 自動車のメーカーとモデルをリストするデータページは、30~60日ごとにリフレッシュすれば十分かもしれません。

データページのリフレッシュオプションの構成方法にかかわらず、Pega Platformは、1回のインタラクションあたりデータページを1回以上リフレッシュすることはありません。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice