Skip to main content

UIコントロールのデータアクセス

UIでの参照データ

アプリケーションは、ユーザー入力を管理するためによくリストを使用します。 プロパティ定義に含まれている埋め込みのリスト値ではなく、データソースからリスト値を入力すると、リスト値が変更になった場合にアプリケーションを再リリースする必要がなくなるため、アプリケーションのメンテナンスが向上します。 たとえば、金融サービス会社は、ユーザーがファイナンシャルアドバイザーの予約を入れるときに、支店がある地域のリストをユーザーに提供できます。 支店が増えたり減ったりした場合、データソースを修正するとリスト内の項目は、常に更新されます。

Cascaded drop downs

データページのデータをリストに入力する場合、選択した値のみがケースのデータモデルにコピーされます。 ケースにコピーされる値が、リストに表示される値と一致している必要はありません。 たとえば、ドロップダウンに国名のリストが含まれているとします。 ユーザーが国を選択すると、アプリケーションが国名ではなく国コードをケースにコピーできます。

Data page used to source a list of countries by name, with the country code saved as the property value

データページのデータをリストに入力する場合、データページに指定されているリフレッシュストラテジに従ってリスト内の項目が更新されます。 データページでパラメーターを使う場合は、パラメーターを変更するたびに、Pega Platform™がデータページインスタンスを作成し、リストのコンテンツが更新されます。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice