Skip to main content

診断設定

診断設定

Pega Robot Studio™はMicrosoft Visual Studioをプラットフォームとして使用するため、Pega Robot Studioの診断コンポーネントも類似しています。 Pega Robot Studioでは、Pega Robot Studio(開発時)とPega Robot Runtime(デバッグ時)の両方のメッセージについて、診断設定を管理できます。 診断設定はStudioConfig.xmlに保存されます。 ランタイム設定はRuntimeConfig.xmlに保存されます。 どちらのファイルも、次のディレクトリーに配置されます。

C:\Users\userid\AppData\Roaming\PegaSystems

補足: ユーザーのランタイム診断設定は変更できません。自分のランタイム設定のみ変更できます。

診断設定は次の2つの部分で構成されます。

  • 診断メッセージの生成
  • パブリッシャーのオプション

診断メッセージの生成

「Application Diagnostic Settings」の全般カテゴリーでは、メッセージの生成を管理します。 Pega Robot Studioに使用できる設定は、Pega Robot Runtimeの設定と同じです。

c21p0e0 01

この最初のカテゴリーで、他のパブリッシャーアイテムが機能するかどうか、またはどのように機能するかを指定します。 「Application Diagnostic Settings」のプロパティは、次のとおりです。

設定 説明
モード 「On」または「Off」。 デフォルトは「On」です。 「On」に設定すると、Pega Robot Studio(またはPega Robot Runtime)の診断ログが有効になります。 また、この設定で、いずれかのパブリッシャーを使用できるかどうかが決まります。 「Off」に設定すると、すべてのパブリッシャーもオフになります。
HookDebug 「On」または「Off」。 デフォルトは「On」です。 この設定を変更する場合、変更を適用するには、アプリケーションを再起動する必要があります。 これにより、標準のデバッグメッセージに対してリスナーが有効になります。 この設定は、開発に使用する場合にのみ適用されます。
HookException

「On」または「Off」。 デフォルトは「On」です。

「On」に設定すると、メインのアプリケーションドメインに対してUnhandledExceptionHandlersが有効になります。 コードベース内のどこか他の場所でシステムで処理されないエラーが発生した場合、この機能によってFinal Curtainメッセージが表示されます。 また、使用可能なパブリッシャーにエラーのログを記録することも可能です。 無効(「Off」)になっているときにこのようなエラーが発生した場合、未処理エラーに関して標準のMicrosoftエラーメッセージが表示され、ログは記録されません。

「On」に設定した場合、Pega Robot StudioまたはPega Robot Runtimeで未処理の例外が発生すると、例外情報がOpenSpan.Studio.exe.Exception.txtファイルまたはOpenSpan.Runtime.exe.Exception.txtファイルに書き込まれます。

HookTrace

「On」または「Off」。 デフォルトは「On」です。

「On」に設定すると、標準の.NETトレースメッセージに対して診断リスナーが有効になるため、Pega Robot Studioのパブリッシャーメッセージがsystem.diagnostic.traceにルーティングされてログに追加されます。

Level

Microsoft TraceSwitchオブジェクトを使用してログレベルを設定します。 「TraceLevel」では、ログメッセージの重大度レベルを設定します。 診断ログ内の起動メッセージ(パブリッシャーがいつ初期化されたかなど)には「TraceLevel」のみが適用され、マシン情報(マシン名、バージョンなど)が取得されます。 その他のすべてのメッセージには、「Log Categories」に設定されている重大度が適用されます。 デフォルトはVerboseです。

レベルは、次のとおりです。

  • 「0」 - 「Off」
  • 「1」 - 「Error」。 この設定では、アプリケーションでタスクを正常に実行できなかったことを示す、エラーメッセージが記録されます。 アプリケーションは引き続き実行されます。
  • 「2」 - 「Warning」。 この設定では、エラーメッセージと警告メッセージの両方が記録されます。
  • 「3」 - 「Info」。 この設定では、エラーメッセージ、警告メッセージ、および情報メッセージが記録されます。 これには、アプリケーションが適切に実行されているかどうかに関係なく、アプリケーション実行の成功マイルストーンが含まれ、何が発生したのか概要が提供されます。
  • 「4」 - 「Verbose」。 この設定では、エラーメッセージ、警告メッセージ、情報メッセージ、および詳細なデバッグ出力が記録されます。 このオプションでは多数のメッセージが生成されるため、複数のトレースソースを選択して使用する場合は推奨されません。

「Studio Diagnostics」レベルと「Runtime Diagnostics」レベルの下にある「Log Categories」には、エラーレベルを設定するためのさらに細かなレベルがあります。 「Log Category」のエラーレベルに関係なくすべてのメッセージが記録されるようにするには、「Application Diagnostic Settings」でエラーレベルを「Verbose」に設定します。

log categories

パブリッシャーのオプション

スタジオ診断とランタイム診断のどちらの診断機能にも、次の4つのパブリッシャータイプがあります。

  • ファイル
  • トレース
  • Output
  • Log4Net

ファイルパブリッシャーでは、メッセージが次のテキストファイルに保存されます。

ファイル 説明
StudioLog.txt Pega Robot Studioアプリケーションの実行による診断メッセージ。
RuntimeLog.txt ランタイムアプリケーションの実行による診断メッセージ。
OSCLog.txt Pega Robot Studioプロジェクトのビルドプロセス中に生成されたメッセージ。
OSDLog.txt Pega Robot Studioプロジェクトのデプロイメントパッケージ作成プロセス中に生成されたメッセージ。

トレースパブリッシャーを使用すると、Pega Robot StudioとPega Robot Runtimeの詳細なアプリケーションメッセージに対して診断トレースを生成できます。 トレースパブリッシャーは、サポートチームから助言を受けた場合にのみ使用してください。

Outputパブリッシャーには、Pega Robot StudioまたはPega Robot RuntimeのOutputウィンドウに診断メッセージが表示されます。

メッセージの内容およびタイプは、ソース(Pega Robot Studio、Pega Robot Runtime、ビルドなど)および「Log Categories」に設定されているエラーレベルによって異なります。

すべてのパブリッシャーで設定可能な次の設定を同じにします。

設定 説明
モード 「On」または「Off」。 「On」に設定すると、Pega Robot Studio(またはPega Robot Runtime)の診断ログが有効になります。 「Application Diagnostic Setting」が「Off」の場合、すべてのパブリッシャーモードもオフになります。 デフォルトは、パブリッシャーによって異なります。
ExceptionMode デフォルトは「On」です。 この設定を適用するには、対応するパブリッシャーモードが「On」になっている必要があります。 「On」に設定すると、パブリッシャーによって、例外ソース(HookException)で生じた診断イベントのログメッセージが記録されます。 この設定と「Hook Unhandled Exception」設定は同じではありません。 。
HookTrace デフォルトは「On」です。 この設定を適用するには、対応するパブリッシャーモードが「On」になっている必要があります。 「On」に設定すると、パブリッシャーによって、System.Diagnostic.Traceソースで生じた診断イベントのログメッセージが記録されます。 この設定と「Hook Trace」設定は同じではありません。
トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice