Skip to main content
This content is now archived and is no longer updated. Progress is not calculated. Pega Cloud instances are disabled, and badges are no longer awarded.

ワークのルーティング

アサインメントルーティング

ケースの作業を完了するオペレータが複数いる場合は、プロセスをモデル化するときに、各アサインメントで誰が作業を行うべきかを定義します。 アサインメントルーティング設計を慎重かつ適切に行うことで、特定のアサインメントを完了する能力が最も高い個人またはグループに割り当てられるため、ビジネスの効率が向上します。

たとえば、経費精算書を作成する場合、従業員が精算書を作成し、マネージャーがそれを承認し、経理が送金します。3つの役割個人またはチームが、割り当てられた作業を果たすために同じケースに取り組んでいます。

ルーティングタイプ

アサインメントルーティングを使用して、最も適切なユーザーに作業を割り当てます。 ステップは、単一のユーザーまたはユーザーのチームにルーティングできます。

ワークリストは、特定のユーザーに対してオープン状態にあるすべてのアサインメントの重要度順のリストです。 たとえば、人事マネージャーが従業員の休暇リクエストを承認する必要があるアサインメントは、人事マネージャーのワークリストにルーティングされます。 

worklist

ワークキューは、ユーザーのグループに対する未処理のすべてのアサインメントの重要度順のリストです。 ワークキューに関連付けられたユーザーがアサインメントを選択するか、マネージャーがワークキュー内のアサインメントを特定のユーザーに送信するまで、アサインメントはワークキューに残ります。

ワークグループは、マネージャー、ユーザー(オペレータ)、およびワークキューを含む部門横断的なチームを識別します。 ビジネス全体でリソースを共有するワークグループを作成します。 たとえば、次のチームには、組織のさまざまな部門から集まった異なる役割のメンバーが含まれています。

workgroups

Pegaでは、ワークグループをチーム、オペレータをチームメンバーと呼びます。 

Workgroups-team-members

 

ルーティングオプション

前のアサインメントを完了したユーザーが現在のタスクを完了する必要がある場合は、current user(現在のユーザー)にアサインメントをルーティングします。

個々のユーザーがアサインメントを完了する必要がある場合は、アサインメントをspecific user(特定のユーザー)にルーティングします。 たとえば、経費精算を承認するマネージャーにアサインメントをルーティングすると、そのアサインメントはマネージャーのワークリストに表示されます。

グループ内の誰かがアサインメントを完了できる場合は、ワークキューにルーティングします。 たとえば、経費精算を処理して従業員に支払いをすることはグループ内の誰にでもできるため、アサインメントを給与部門のワークグループにルーティングします。

特定の条件に基づいて作業をルーティングする場合は、ビジネスロジックルーティングを使用することもできます。 たとえば、自動車の保険引受では、レクリエーショナル ビークル(RV)には特別な配慮が必要です。 見込み顧客が「Are you insuring an RV?」チェックボックスを選択すると、RVUnderwritersグループのワークキューが見積のリクエストをレビューします。 選択しない場合は、見積のリクエストが一般のUnderwritingグループのワークキューに送信されます。

Business logic RV

ビジネスロジックルーティングの追加条件を構成することもできます。 たとえば、ベントレー・アルナージやロータス・エスプリなどの高級外国車の見積のリクエストでは、外国車担当副社長の承認が必要です。

Business logic condition

 

オレンジ色のホットスポットをクリックすると、各ルーティングオプションの詳細が表示されます。

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice