Skip to main content

アサインメントの緊急度

緊急度

Pega Platform™アプリケーションでは、アサインメントの緊急度はアサインメントの優先度を示します。 緊急度は0から100までの数値で、ワークリストやケースに表示されます。 たとえば、詐欺部門担当銀行員が別のアサインメントに取り掛かれる態勢が整うと、最も優先度の高い詐欺タスクが割り当てられます。

Pega PlatformのGetNextWork選択アルゴリズムで、ユーザーが取り掛かれる次のアサインメントを特定します。 GetNextWorkは、ユーザーの次のアサインメントを選択する際に、アサインメントの緊急度(優先度)を使用します。 アルゴリズムは、最も高い(最大の)緊急度を持つアサインメントを特定し、次に実行するアサインメントを決定します。 

緊急度の調整は100が上限です。 緊急度の値が100を超えると、緊急度の調整は無視されます。 次の図では、アサインメントが目標と期限に近づくにつれて緊急度の値が高くなる様子を示しています。

次の図で、「+」アイコンをクリックすると、各行に表示されているアサインメントの進捗状況を確認できます。

ケースタイプのアサインメントの初期の緊急度は10です。 しかし、デフォルトの緊急度を変更して、特定のケースタイプのアサインメントが他のケースタイプよりも重要であると示すことができます。 たとえば、クレジットカードのディスピュートケースが他のケースタイプよりも優先度が高い場合、ディスピュートケースに初期緊急度の値を構成します。 クレジットカードディスピュートケースのアサインメントは、他のケースタイプのアサインメントよりもデフォルトの緊急度が高くなります。

次の画像に示すように、「Settings > General」でケースの初期の緊急度を設定します。

initial-urgency

緊急度の手動変更

緊急度が高ければ高いほど、未解決のアイテムに対処することが重要になります。 サービスレベルアグリーメントを使用するか次の標準ルールを使用して、選択されたユーザーが、ワークアイテムに対して算出された緊急度を変更できるように、アプリケーションを構成できます。

  • 「Work-.UrgencyUpdate」 – ケースプロセス中に呼び出せるフローアクション。 ユーザーが入力する整数は、ケースの現在の緊急度に追加されます。
  • Work-.pyUrgencyWorkAdjust– ケースの現在の緊急度を増減させるために設定できるプロパティ。 ユーザーが指定する値は、Work-.pxUrgencyWorkデクレアエクスプレッションで評価されます。
  • Work-.pyUrgencyWorkAdjustAssign-.pyUrgencyAssignAdjust– アサインメントの現在の緊急度を増減させるために設定できるプロパティ。 ユーザーが指定する値は、Assign-.pxUrgencyAssignデクレアエクスプレッションで評価されます。

実行時に、標準プロパティの値が変更されるたびに、またはユーザーがケースを保存するたびに、緊急度が更新されます。 

次の図で「+」アイコンをクリックすると、アサインメントの緊急度オプションの詳細が表示されます。

以下のインタラクションで理解度をチェックしてください。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice