Skip to main content

サービスレベルアグリーメントの遅延プロセス

サービスレベルの遅延

ケースがアサインメントに到達すると、システムによってアサインメントが作成されます。 しかし、場合によっては、ユーザーがただちにアサインメントに取りかかれないこともあります。 このような場合には、ユーザーがただちに取りかかれないアサインメントを考慮して、サービスレベルアグリーメント(SLA)のプロセスを遅らせることにメリットがあります。 

たとえば、証券会社が顧客の口座にある資産の値付けを行う期限を2時間に設定したとします。 アソシエイトは、株式市場が本日終了する午後4時30分まで、資産の値付けを開始できません。ケースがその日のうちにアサインメントに到達したとしても、システムは午後4時30分になるまでアソシエイトのワークリストにアサインメントを送信しません。 期限は午後6時30分です。

Assignment Readyオプション

Pega Platformでは、「Assignment Ready」フィールドを使用して、サービスレベルアグリーメントに関連付けられているアサインメントの開始時刻を設定できます。

注: 「Assignment Ready」フィールドの値は、SLAルールがアサインメントに関連付けられている場合にのみ適用されます。

次の図で「+」アイコンをクリックすると、「Assignment Ready」オプションの詳細が表示されます。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice