Skip to main content

子ケース

ケース階層

複雑なビジネス トランザクションでは、複数のケースの作成が必要となることがあります。 たとえば、自動車保険の事故の請求では、事故で車両損傷や人身傷害が発生した場合に、追加の請求を処理できる必要があります。 この要件に基づき、Accident Claimケースは、必要に応じて個別の車両損傷と人身傷害のケースを作成できる必要があります。Pega Platformでは、最上位ケース子ケースを含むケース階層を使用してケース関係をモデル化できます。

Accident Claimケースは最上位ケースです。これは親ケースを持たない、他のケースの親になれるケースです。 Vehicle DamageおよびBody Injuryは子ケースです。これは、親ケースを完了するために必須の作業を示します。複数の子ケースを作成する親ケースでは、ワークを並行して処理できます。 各子ケースは、異なる専門知識を持つ、さまざまな担当者が対処できます。 子ケースを並行して処理する場合、親ケースを終了するには、子ケースの処理が完了するまで親ケースは待機する必要があります。

Case hierarchy accident claim example

子ケースは、以下を実行したいときに便利です。

  • 異なる担当者が実行する作業をモデル化する
  • 異なるレポートオプションに従う作業をモデル化する
  • 異なる時間枠に従う作業をモデル化する
  • 複数のケースタイプに共通する作業をモデル化する

カスタマーサービス担当者、損害査定担当者、修理店が車両損害の子ケースに対応できます。 一方、人身傷害の子ケースは、医療請求専門家と特定の医療機関が対応できます。

また、別のケースタイプでビジネスプロセスを実装すると、必要に応じてケースタイプを再利用できます。 たとえば、自動車保険と損害保険の両方に関する請求には、人身傷害の請求が含まれる場合があります。 人身傷害の請求を別のケースタイプとして実装することで、自動車保険と損害保険の両方の請求で、人身傷害のケースタイプを利用できます。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

ケースステップの作成

子ケースをケースタイプに追加するには、ケースライフサイクルにCreate Caseオートメーションステップを追加します。 Create Caseステップを検出すると、Pega Platformは、指定されたケースタイプのインスタンスを作成します。

補足: Dev Studioには、Create Caseステップのための追加の設定オプションがあります。 作成されるケースは、最上位ケースまたは子ケースです。 さらに、複数の子ケースを作成することもできます。 これらのオプションの詳細については、Pega CommunityのCreating contextual casesの記事を参照してください。

データ伝達

子ケースを作成する際には、プロパゲーションと呼ばれるプロセスを使用して親ケースから子ケースにコピーする情報を指定できます。 コピー元の親ケースのフィールドを指定し、子ケースの指定されたフィールドにその値をコピーします。 この設定は、Create Caseステップで実行されます。

Configuration of data propagation from a Create Case step

子ケースのデータが、子ケース作成時のデータである必要がある場合には、データプロパゲーションが適切です。 たとえば、Accident Claimケースでは、事故に関する情報は変化しないため、データを親ケースからVehicle DamageおよびBody Injuryの子ケースにコピーできます。

親ケースと情報を同期したままにする必要があり、親ケースのデータが変化する可能性がある場合には、親ケースのデータを参照する方が適切です。 たとえば、旅行アプリケーションで、顧客が旅程と飛行機、ホテル、車両レンタルの予約を作成した場合、子ケースがそれぞれの予約を処理します。 顧客が旅程に変更を加える可能性があるため、親ケースのデータを参照する方が適切です。

補足: データを参照するには、Dev Studioで詳細な設定をすることが必要となります。

 

 

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice