Skip to main content

ケースライフサイクル

作業のビジネスビュー

ビジネス アプリケーションは、所期の成果を達成するのに必要な作業の自動化に役立ちます。 従来のビジネス アプリケーションは、個々のトランザクションをベースにしており、各種部門の機能のスタンドアロン アプリケーションとして開発されています。 このようなアプリケーションのサイロ化は、社内における部門横断的な連携や成果を効果的に達成することを困難にします。

アプリケーションは、作業に対するユーザーの思考の流れや捉え方と同じように機能すべきであるとPegaは考えています。 たとえば、オンライン注文プロセスについて考えてみましょう。顧客が注文を送信し、会社が注文を処理して配送を行います。 オンライン注文プロセスをモデル化するPega Platform™アプリケーションは同じ順序で動作します。

Online shopping case overview

ケースタイプとケース

ケースタイプとは、ビジネストランザクションを表す抽象モデルです。 ケースタイプを使用して反復可能なビジネストランザクションをモデル化します。ケースは個別のトランザクションインスタンスを表します。 Pega Platformでオンライン注文トランザクションをモデル化する場合、注文の送信から処理、そして配送に進むオンライン注文ケースタイプを定義します。 以下の画像で示されるように、ユーザーがオンライン注文を送信するたびにPega Platformで注文ケースが作成され、ケース番号が割り当てられます。

Online order case type and case example

 

ケースライフサイクル

希望するビジネストランザクションの一環として完了する必要があるワークを可視化するために、ケースタイプについてのケースライフサイクルを定義します。 ケースライフサイクルは、Microjourney™のビジネスモデルを表します。 ケースライフサイクルは、ケースが完了に至るまでの道筋をモデル化します。 ケースライフサイクルの主要なビルディングブロックは、ステージ、プロセス、ステップです。

以下の画像は、オンライン注文ケースタイプのケースライフサイクルを示しています。

「+」アイコンをクリックすると、ケースタイプのビルディングブロックの詳細が表示されます。

命名規則

ケースライフサイクルでステージ、プロセス、ステップを作成するときは、以下の命名規則を考慮します。

名詞または名詞句で該当するセクションのコンテキストを表現し、ステージに名前を付けます。 使用する語句はできるだけ2語以内にする。 ビジネスユーザーにとってわかりやすく、作業内容と関連のある名前を使用します。 前の例では、注文のケースライフサイクルの2番目のステージで企業が注文を処理するため、ステージに処理中と名前をつけます。

ケースを完了しないステージについては、次のテスト文章で正しく聞こえるかどうかをチェックして、ステージ名の提案を試してみましょう。

  • このケースは<ステージ名>にあります。
  • このケースはいつ<ステージ名>に移動するのですか?
  • いくつのケースが<ステージ名>にありますか?

あなたが提案したステージ名で文章を音読してみてください。 これらの文章にステージ名が正しく当てはまらない場合は、修正を検討しましょう。

プロセスやステップの命名時には、動詞+名詞 (日本語だと名詞+動詞)の命名規則に従います。 注文のケースの例では、処理中のステージで、プロセスに注文の処理と名前をつけます。 このプロセスのステップに在庫の確認商品の梱包と名前をつけます。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 89% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice