Skip to main content

ケースライフサイクル設計

ビジネスプロセスモデリング

Pega Platform™では、ケースライフサイクル設計モデリング手法がサポートされています。 ビジネスユーザーはこのモデルを利用することで、思考と同じ流れでケースを参照し、操作することが可能になります。 各ケースのライフサイクルには、ステージ、プロセス、ステップがあります。

たとえば、Onboardingケースタイプのケースライフサイクルで人事、設備、IT部門が新入社員の出勤初日に設定を行うとします。

Pega Platformでは、複雑な業務や特定のニーズに対応するために、ステージ、プロセス、ステップのさまざまなタイプや設定がサポートされています。 

次の画像では、「+」のアイコンをクリックすると、オンボーディングケースのライフサイクルの詳細が表示されます。

補足: Pega Express™の手法では、ケース設計の際に、ケースのライフサイクル、ケースタイプに関わるペルソナ、ケース処理を完了するために必要なデータオブジェクトが定義されます。  Pega Expressの手法では、ケースの初期設計を把握することが不可欠です。

ステージ移行

ケースライフサイクルを設計する際には、ケースがどのように1つのステージから別のステージに移行するかを検討します。 ステージ移行の設定は、次の図のように、ステージのコンテキストのプロパティペインで行います。

Properties pane for a stage with the stage transition options

プライマリステージのすべてのステップが完了すると、デフォルトでケースは次のプライマリステージに自動的に移行します。 ユーザーが1つのステージですべてのプロセスを完了すると、次のステージが開始されます。 このオプションはオルタネートステージでは使用できません。

その他のステージ移行オプションには、ユーザーアクションの待機とケースの完了があります。 Wait for a user actionオプションでは、すべてのステージのプロセスが完了すると、ケースワーカーはステージを完了するオプションを受け取ります。 Resolve the caseオプションでは、すべてのステージのプロセスが完了すると、ケースが自動的に解決されます。 また、Resolve the caseを選択すると、そのステージが赤色のバーで表示されます。 この2つのオプションは、プライマリステージとオルタネートステージの両方で利用可能です。

補足: Createステージでは、ステージ移行を設定できません。

オートメーションによるステージ遷移

「Change stage」オートメーションステップを使用して、ケースを特定のステージに自動的に移行させます。 このタイプの設定が最も効果的なのは、オルタネートステージへの移行とそのステージからの復帰を自動化する場合です。

Onboardingケースの場合、Change stageオートメーションをApproval Rejectionオルタネートステージに追加します。 「IT setup」の選択が変更されたら、次に「Verification」ステージに進むよう「Change stage」ステップを設定します。 

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 80% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice