Skip to main content

ユーザーから情報を収集する

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ユーザーからデータを収集するアサインメントを作成して、ビジネスプロセスに必要な情報を収集します。 たとえば、カスタマーサポート担当者は融資申請プロセスでクライアントからの個人情報と収入に関する情報を入力できます。

  1. App Studioのナビゲーション パネルで、「Case types」をクリックし、次に開きたいケースタイプをクリックします。

  2. 「Workflow」タブで、「Life cycle」をクリックします。

  3. 「Case life cycle」セクションで、ステージ内のプロセスにカーソルを合わせ、「Step > Collect information」をクリックします。

  4. 新しいテキストフィールドにタスクを説明する一意の名前を入力します。

  5. プロパティパネルの「Step」セクションの「Route to」リストで、タスクを実行するユーザーまたはチームを特定します。

    • ケースを最後に更新したユーザーにタスクを割り当てるには、「Current user」を選択します。
    • アプリケーションの別のユーザーにタスクを割り当てるには、「Specific user」を選択して、ユーザーパラメーターを設定します。

      タスクをユーザー名でユーザーに、ユーザー参照でユーザーに、ケースを最後に更新したユーザーの報告マネージャーに、またはケース参加者に割り当てることができます。

    • ワークキューを共有するチームにタスクを割り当てるには、「Work queue」を選択して、チームを選択します。
    • 適切な空き状況、スキルセット、またはワークロードを持つユーザーにタスクを自動的に割り当てるには、「Use business logic」を選択し、「Configure business logic」アイコンをクリックします。

      ビジネスベースのルーティングの設定の詳細については、ヘルプトピック「ランタイムにユーザーを自動的に割り当てる」を参照してください。

  6. オプション:

    「Set case status」フィールドで、このプロセスステップの開始時にシステムによりケースに割り当てられるステータスを設定します。

    • 既存のステータスを使用するには、下矢印キーを押して、ステータスを選択します。
    • 新しいステータスを作成するには、ステータスの一意の名前を入力します。
  7. オプション:

    タスクの目的を説明するには、「Instructions for user」フィールドに説明を入力します。

  8. 「Save」をクリックします。

補足: ユーザーがタスクを実行する際に表示されるフォームのフィールドを定義します。 詳細情報については、「Building forms for case types」を参照してください。

  • フローにおけるアサインメントシェープ

    アサインメントシェープは、ユーザーがフローの中で完了するタスクを表します。 ビジネスプロセスがお客様に固有の要件をすべて満たすようにするため、ビジネスプロセスの中で人間の判断や意見を必要とする場所ごとに、アサインメントシェープを追加できます。

  • ケースライフサイクルを定義する

    ビジネスモデルを表すケース ライフ サイクルを定義すると、便利で円滑な方法でケースを追跡ならびに完了できます。 ライフサイクルを、ビジネスプロセスの要素に合った小さなモジュールとして定義できます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

Thank you for your feedback.

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice