Skip to main content

トップレベルのケースタイプの作成

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

トップレベルのケースタイプを作成することでビジネスプロセスを可視化し、アプリケーションの作業処理を改善できます。 ビジネスプロセスを可視化すると、プロセスを段階ごとに分割して、より簡単に作業を追跡管理できます。

たとえば、採用プロセスを表すトップレベルのケースタイプを作成すると、新規求職者からの応募はその都度再利用して処理できます。
  1. 「App Studio」のナビゲーション パネルで、「Case types」をクリックします。

  2. ナビゲーションペインのヘッダーで、 「Manage」をクリックします。

  3. 「New」をクリックします。

  4. 「Case type name」フィールドでケースタイプに名前を付けます。

  5. オプション:

    別のケースタイプのアセットを再利用するには、「Advanced」をクリックしてケースタイプを選択します。

  6. 「Next」をクリックします。

補足:
  • ケースタイプにステージを追加し、作業を複数の段階に分けます。 Creating a primary stageを参照してください。
  • トップレベルのケースタイプが完了する前に、完了させる依存関係を表す子ケースタイプを作成します。 Creating a child case typeを参照してください。

  • ケースタイプの作成

    作業のテンプレートとなるケースタイプをアプリケーションで定義すれば、類似したビジネス業務を処理する際に時間を節約できます。 ケースタイプを作成して、ビジネスプロセスを自動化し、ケースワーカーがケースを完了するためにたどるさまざまなパスをサポートできます。

  • ケースライフサイクルを定義する

    ビジネスモデルを表すケース ライフ サイクルを定義すると、便利で円滑な方法でケースを追跡ならびに完了できます。 ライフサイクルを、ビジネスプロセスの要素に合った小さなモジュールとして定義できます。

  • Creating a Microjourney for customer success

    ジャーニーやマイクロジャーニーを通じて実装プロジェクトに取り組みながら、Pega Expressの手法を適用して、ビジネスプロセスにおいて顧客がうまく解決できるようサポートします。 一度に1件のジャーニーに集中することで、顧客の特定のニーズに対処する方法が改善されるだけでなく、より迅速に結果を出すことができます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

Thank you for your feedback.

このコンテンツは 67% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice