Skip to main content

プライマリステージの作成

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ビジネスプロセスの主要な段階を表す、ケースライフサイクルのプライマリステージを作成します。 ステージを作成すると作業を論理的な段階に分けられるため、タスクを追跡して解決するのに便利です。

プライマリステージにより、ビジネスプロセスの主要な段階が可視化されます。 たとえば、求人応募審査のケースタイプでは、「書類選考の実施」、「面接の実施」、「候補者の承認」などのステージを作成できます。

はじめに: ケースタイプを定義します。 トップレベルのケースタイプの作成を参照してください。
  1. App Studioのナビゲーション パネルで、「Case types」をクリックし、次に開きたいケースタイプをクリックします。

  2. 「Workflow」タブで、「Life cycle」をクリックします。

  3. プライマリステージが定義されていない場合は、「Add life cycle」をクリックします。

  4. 「Case life cycle」セクションで、「Stage」をクリックし、テキストボックスに一意の名前を入力します。

    デフォルトでは、システムで定義したケースのライフサイクルごとにステージが作成されます。

  5. 「Stage」プロパティパネルの「General」タブで、このステージが完了した後の遷移を定義します。

    • 次のステージに移行するには、「Automatically move to next stage」を選択します。
    • 顧客サービス担当者がケースのステージを決定できるようにするには、「Wait for a user action」を選択します。
    • ケースをクローズするには「Resolve the case」を選択し、完了ステータスとオプションを定義します。
  6. 「Save」をクリックします。

補足: プロセスを追加して複数のステージ内で作業を整理します。 「Adding a process to a stage」を参照してください。

  • ケースライフサイクルを定義する

    ビジネスモデルを表すケース ライフ サイクルを定義すると、便利で円滑な方法でケースを追跡ならびに完了できます。 ライフサイクルを、ビジネスプロセスの要素に合った小さなモジュールとして定義できます。

  • Creating an alternate stage

    ケースライフサイクルにオルタネートステージを追加することで、例外発生時にビジネスプロセスを解決できるようにします。 たとえば、マネージャーが拒否したケースをオルタネートステージで処理できます。

  • Adding a process to a stage

    ステージにプロセスを追加して、ビジネスモデルに関連するタスクを整理します。 プロセスを使用すれば、担当者がケースを完了する方法やタイミングだけでなく、誰がそのケースを処理するかをコントロールできます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice