Skip to main content

プロシジャーオートメーションの作成

プロシジャーオートメーションの作成

オートメーションをプロシジャーとして作成するには、2つの手順を実施します。 最初にオートメーションを設定し、次にそのオートメーションを実行します。

オートメーションの設定

オートメーションをプロシジャーとして設定するには、以下の手順に従います。 このプロセスでは、プロジェクト内にオートメーションプロジェクトアイテムが存在することを前提としています。

  1. ソリューションエクスプローラーで、オートメーションをダブルクリックし、デザインウィンドウで開きます。
  2. オートメーションデザインウィンドウで、右クリックでコンテキストメニューにアクセスします。
    add entry point
  3. コンテキストメニューから「Add Entry Point」を選択します。 Executeデザインブロックが表示されます。
    execute design block
  4. オートメーションにパラメーターを渡す必要があれば、デザインブロック上の「+」をクリックして追加します。 デザインブロックにパラメーターが表示されます。
  5. データタイプをクリックして変更します。
    function datatype
  6. param1」テキストをクリックし、パラメーター名を入力します。
  7. ステップ4~6を繰り返し、必要なオートメーションパラメーターを設定します。
  8. オートメーションデザインウィンドウで、右クリックでコンテキストメニューにアクセスします。
  9. コンテキストメニューから「Add Exit Point」を選択します。 Exit1デザインブロックに、追加されたエグジットパラメーターが表示されます。 このエグジットパラメーターは削除できません。 データタイプと名前は変更できます。 また、Exit1テキストをクリックしてExit1ブロックの名前を変更できます。
    exit design block
  10. オートメーションでの必要に応じて、Exit1デザインブロック上の「+」をクリックし、さらにエグジットパラメーターを追加します。 デザインブロックにパラメーターが表示されます。 このパラメーターのデータタイプと名前は変更できます。
  11. 必要に応じて、このオートメーションロジックを完成させます。
  12. メニューから、「File」>「Save All」を選択します。

オートメーションの実行

オートメーションをプロシジャーとして実行するには、以下の手順に従います。 このプロセスでは、プロジェクト内にプロシジャーオートメーションが存在することを前提としています。

  1. ソリューションエクスプローラーから、プロジェクトを右クリックして「Add」>「New Automation」を選択します。
  2. 「Add New Item」ウィンドウに、オートメーションの名前を入力します。
  3. Add」をクリックします。 ソリューションエクスプローラーにオートメーションが表示され、オートメーションのデザインウィンドウが開きます。
  4. Object Hierarchyで、プロシジャーオートメーションを選択して強調表示します。
  5. Object Inspectorで、ボックスのアイコンを選択してメソッドを表示します。 Executeメソッドが表示されます。
  6. Object Inspectorから、Executeメソッドをクリックしてオートメーションにドラッグします。 Executeデザインブロックが表示されます。 エントリーパラメーターとエグジットパラメーターをプロシジャーオートメーションに追加した場合は、Executeデザインブロックに表示されます。 これらのパラメーターの青いデータポートが、データリンクに対して表示されます。
    execute automation
  7. 必要に応じて、このオートメーションロジックを完成させます。
  8. メニューから、「File」>「Save All」を選択して変更内容を保存します。
トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice