Skip to main content

Label/Jump Toコンポーネント

Label/Jump Toコンポーネント

オートメーションの作成時には、そのオートメーションでプロセスやタスクをいくつも実行したくなることがあります。 しかしながら、オートメーションで実行するタスクやプロセスの数は最小限に抑えることが重要です。 各オートメーションを小規模な特定のプロセスに保つようにすると、他のオートメーションに影響を与えずにバグやエラーを簡単に見つけられるため、ソリューションのデバッグに役立ちます。 ただし、オートメーションの構造によっては、この推奨事項が該当しない場合もあります。

このような場合に備えて、Studioには、オートメーションを整理してわかりやすい状態に保つためのコンポーネント、Label/Jump Toコンポーネントがあります。 Label/Jump To機能を使用すると、オートメーションのある部分を、同じオートメーションの別の部分につなげることができます。 Label/Jump Toコンポーネントを使用してプロセスを別のオートメーションにナビゲートすることはできません。 たとえば、非常に大規模なオートメーションがあり、その中で変数やメソッドをつなぐ必要がある場合は、長い実行パスやデータパスではなく、Label-Jump Toペアを使用してつなぎます。

次の画像に示すように、Label/Jump Toコンポーネントには、オートメーションを終了してオートメーションパラメーターを渡す体系的な方法があります。そのため、プロシジャーオートメーションでも使用できます。

label jump example

プロシジャーオートメーションは、Label/Jump Toコンポーネントを使用してメッセージコードやメッセージの詳細を渡すことで、成功、失敗、失敗メッセージコードのエグジットポイントを提供します。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice