Skip to main content

チャレンジ

ケースステータスの設定

シナリオ

MyTownの市長とサービスコーディネーターは、サービスリクエストケース開発の進捗状況を確認した後、改善点を見つけたため、以下の変更をリクエストします。

  • 「Schedule repair」ステップおよび「Perform repair」ステップでは、インストラクションを表示し、ケースのステータスを指定する必要があります。
  • Resolutionステージが完了するとサービスリクエストケースが完了します。 Resolutionステージには、終了したケースのステータスが反映されます。 

市長とサービスコーディネーターは、望ましいケースステータスとインストラクションをまとめた以下の表を提供します。

ステップまたはステージ ステータス 手順
「Schedule repair」ステップ Open 問題の期限の割り当て
「Perform repair」ステップ Pending-Fulfillment 修理の実行および文書化
「Resolution」ステージ Resolved-Completed (該当なし)

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 Password
アプリケーションデベロッパー author@mytown pega123!

チャレンジ ウォークスルー

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

詳細なタスク

1 ケースステータスを設定し、ステップにインストラクションを追加する

  1. App Studioナビゲーションペインで、「Case types」>「Service Request」をクリックして、Service Requestのケースライフサイクルを表示します。
  2. サービスリクエストケースのライフサイクルのReviewステージで、「Schedule repair」ステップをクリックしてケースステータスを設定し、右側のプロパティペインにインストラクションを追加します。
  3. プロパティペインの「General」タブの「Set case status」フィールドで「Open」を入力または選択して、ケースが「Schedule repair」ステップに入ったときのケースステータスを設定します。
  4. 「Instructions for user」フィールドに「Assign a due date for the issue」と入力します。
    補足: インストラクションを入力する際に、最後にピリオドを使用しないでください。 インストラクションのテキストにピリオドを追加すると、ケースを処理する際にエラーが発生します。 エラーを避けるには、ピリオドを含むインストラクションの先頭と末尾に二重引用符(")を追加します。
    Schedule repair step status
  5. ケースのライフサイクルの「Resolution」ステージで、「Perform repair」ステップをクリックしてケースステータスを設定し、右側のプロパティペインにインストラクションを追加します。
  6. プロパティペインの「General」タブの「Set case status」フィールドで「Pending-Fulfillment」を選択または入力して、ケースが「Perform repair」ステップに入ったときのケースステータスを設定します。
  7. 「Instructions for user」フィールドに「Perform and document the repair」 と入力します。
    Perform repair step status
  8. 「Resolution」ステージをクリックして、右側のプロパティペインでケースステータスを確認します。
  9. 「Resolution status」フィールドで、「Resolved-Completed」が選択されていることを確認します。
    Resolution stage status
     
  10. ヘッダーで「Save」をクリックして、ケースのライフサイクルでのケースステータス設定の構成を完了します。

作業の確認

  1. 右上の「Save and run」をクリックして、ケースタイプの新しいインスタンスを実行します。 新しい「Service Request」のケースが表示されます。
    Save and run button
  2. 新しいサービスリクエストのケースで、「Report problem」ステップが表示されていることを確認し、「No, advance the case」をクリックしてケースを続行し、「Identify location」ステップに進みます。
    newservicerequest
  3. 「No, advance the case」をクリックしてケースを続行し、「Request updates」ステップに進みます。
  4. 「No, advance the case」をクリックしてケースを続行し、「Review」ステージに進みます。
  5. 「Schedule repair」ステップでは、システムに指示が表示され、ケースのステータスが「OPEN」と表示されていることを確認します。
  6. 「No, advance the case」をクリックして、次のステップに進みます。
    case-status-challenge-schedule-repair-note-openstatus
  7. 「Perform repair」ステップでは、システムに指示が表示され、ケースのステータスが「PENDING-FULFILLMENT」と表示されていることを確認します。
  8. 「No, advance the case」をクリックして、次のステップに進みます。
    case-status-challenge-perform-repair-note-pendingstatus
  9. 「Review repair」ステップがApprovalアサインメントとして表示されていることを確認します。
  10. 「Approve」をクリックして修理を承認します。
    case-lifecycle-approval
    補足: ケースを進めるために「Notes」フィールドに回答を入力する必要はありません。
  11. ケースステータスが「RESOLVED-COMPLETED」となっていることを確認します。 
    case-status-challenge-resolvedstatus


下記のミッションにも含まれています。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice