Skip to main content

チャレンジ

アサインメントルーティングの更新

2 タスク

20 分

Visible to all users
中級 Pega Platform 8.6 ケースマネジメント 日本語

シナリオ

人事部(HR)は、新入社員を会社の支払名簿に追加する機能を必要としています。 PegaHRアプリケーションには、このワークを実行するためのケースタイプが用意されています。 ビジネスアーキテクトは、そのビジネスプロセスが現時点でのTGBのニーズを十分満たすものであると判断しました。 ただし、このプロセスでは、TGBの組織構造に合わないワークキューを使用しています。 人事部(HR)から、新しいワークキューおよびワークグループを作成し、TGBの組織構造に一致させるよう依頼がありました。

PegaHRアプリケーションにある「Payroll Setup」ケースタイプの「Complete enrollment」プロセスで使用されるデフォルトのワークキュー(PayrollReviewWB)を上書きします。 これを行うには、以下の操作を実行します。

  1. Payroll Setupケースを処理するための新しいワークグループの作成

  2. Payroll Setupケースを確認するルーティングアサインメント用の新しいワークキューの作成

  3. 「TGB-HRApps-Work-PayrollSetup」クラスに「Complete enrollment」プロセスのコピーを作成します。 新しいプロセスコピーで、「Review Selections」アサインメントを新しい「TGBPayrollWB」ワークキューにルーティングします。

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 パスワード
シニアシステムアーキテクト SSA@TGB rules
補足: 練習環境では、複数のチャレンジの完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

チャレンジ ウォークスルー

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

詳細なタスク

1 ワークグループとワークキューの作成

  1. Dev Studioで、以下の詳細を含むワークグループを作成します。

    ヒント: 新しいワークグループを作成するには、「Create」>「Organization」>「Work Group」を選択します。
    フィールド
    Short description TGB Payroll
    Work group name Payroll@TGB
    Manager Manager@TGB
    Default work queue default@TGB
      
  2. 次の詳細を含むPayrollワークキューを作成します。
    フィールド
    Short description TGB Payroll work queue
    Work queue TGBPayrollWB
    Name TGB
    Division Finance
    Unit Accounting
    Work group Payroll@TGB
    Work queue
    ヒント: ワークキューの作成方法に関する詳細については、ヘルプトピック「Creating a work queue」を参照してください。
  3. 変更を保存します。

2 アサインメントを更新し、新しいワークキューにルーティングします。

  1. Dev Studioで「Payroll Setup」ケースタイプを開き、ケースライフサイクルを表示します。
  2. 「Complete enrollment」プロセスを開きます。
  3. 「Save as」>「Specialize by class or ruleset」をクリックし、「Flow Record Configuration」フォームを開きます。
  4. 「Apply to」フィールドで、「TGB-HRApps-Work-PayrollSetup」を入力するか選択し、カスタマイズ用にImplementationレイヤーにプロセスのコピーを作成します。
  5. 「Create and open」をクリックしてImplementationレイヤーにフローレコードのコピーを作成し、フローレコードを開きます。
  6. 変更を保存します。
  7. 「Complete enrollment」プロセスの両方のインスタンスを閉じ、「Payroll Setup」ケースタイプに戻ります。
  8. ケースタイプを最新の情報に更新し、プロセスおよびImplementationレイヤーへの変更用にケースタイプおよびアカウントを更新します。
  9. 「Review selections」ステップを選択します。
  10. 次の画像に示すように、コンテキストメニューを設定します。
    Review selection step
  11. 変更を保存します。

作業の確認

  1. ユーザーポータルを開きます。
  2. Payroll Setupケースを作成し、完了さます。
  3. ケース履歴を確認し、ケースが「TGBPayroll」ワークキューに割り当てられていることを確認します。
    View history


下記のミッションにも含まれています。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice