Skip to main content

インタラクションフレームワークのコンポーネント

インタラクションフレームワークのコンポーネント

インタラクションフレームワークは体系立てられたアプローチであり、Pega Robot Studio™デベロッパーに、プロジェクトやソリューションの開発に組み込める多くのツールを提供します。 インタラクションフレームワークでは、Project-to-project referencesによってプロジェクト同士のやり取りを可能にします。 インタラクションフレームワークは開発を簡素化し、プロジェクトの再利用性を向上して、新しい機能を実装するためにソリューションを合理化します。

インタラクションフレームワークは4つの基本的要素から構成されます。

  • インタラクション
  • Interaction.xml
  • インタラクションマネージャーコンポーネント
  • アクティビティコンポーネント

フレームワークの基本はインタラクションです。 インタラクションは顧客エンゲージメントです。たとえば、次のようなものがあります。

  • コールセンターのエージェントが、顧客からの電話に応答する。
  • 銀行の窓口係が、列に並んでいる次の顧客を迎える。
  • 融資担当者が、融資関連書類を受け取って融資の処理を開始する。

これらの例はすべて、顧客との1つのインタラクションのみを示しています。しかし、顧客とのインタラクションを完了するまでには、複数のアクティビティが伴う可能性があります。 インタラクションなしでは、ソリューションと参照プロジェクト内にフレームワークが作成されません。

インタラクションフレームワークコンポーネントは、プロジェクトおよびソリューション内の他のすべてのプロジェクトアイテムへのアクセスを必要とします。 グローバルコンテナは、コンポーネントにプロジェクト全体へのアクセスを提供するプロジェクト項目です。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice