Skip to main content

interaction.xmlの変更

interaction.xmlの変更

Pega Robot Studio™でinteraction.xmlファイルを編集できます。 XMLドキュメントの構造と構文では大文字と小文字が区別され、スペースも正確である必要があります。 interaction.xmlドキュメントを編集する場合、次のことを行う必要があります。

  • interaction.xmlファイルを編集する
  • Studioでソリューションを更新する

Pega Robot Studioでのinteraction.xmlの編集

開発時にいつでもソリューションのinteraction.xmlファイルを編集できますが、ファイルの作成は開発前に行うようにする必要があります。

Studioでinteraction.xmlを編集するには、次の手順に従います。

  1. ソリューションエクスプローラーで、プロジェクトのグローバルコンテナをダブルクリックし、デザインウィンドウで開きます。
  2. グローバルコンテナのデザインウィンドウで、インタラクションマネージャーコンポーネントを右クリックします。
  3. Modify Configuration」を選択します。 デザインウィンドウでinteraction.xmlファイルが開いて、色分けされたテキストが表示されます。
  4. ファイルをスクロールしてセクションを見つけます。
  5. ファイル内の対応するセクションに、必要なコンテキストまたはアクティビティを入力します。
  6. メニューから、「File」>「Save」を選択して、編集内容を保存します。
補足: XMLファイルでは大文字と小文字が区別されます。また、XMLファイルは構文固有です。 最適な編集方法としては、コピー/ペーストを使用して構文が元のままになるようにします。

ソリューションの更新

ソリューションを更新し、古いエントリーを削除してメモリーキャッシュに新しいエントリーを追加します。 Studio以外のエディターでinteraction.xmlを編集する場合も、ソリューションを更新する必要があります。

編集したinteraction.xmlファイルを使用するようにソリューションを更新するには、次の手順に従います。

  1. メニューから、「Build」>「Clean Solution」を選択します。 Outputウィンドウに、消去のメッセージが表示されます。
    update solution menu
  2. 消去プロセスが完了したら、メニューから、「Build」>「Rebuild Solution」を選択します。 Outputウィンドウが更新されて再構築メッセージが表示されます。
トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice