Skip to main content

チャレンジ

ビジネスコンテキストに基づいたワークフローのコントロール

シナリオ

顧客がロードサイド アシスタンスをリクエストすると、カスタマーサービスの担当者(CSR)は、その顧客がロードサイド サポート保障に登録しているか手動で確認します。 効率性を高めるには、利害関係者はこのステップを自動化する必要があります。 顧客が登録を解除した場合にケースをApproval Rejectionステージに送信する既存の承認/却下ステップを自動意思決定に変更します。

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 Password
アプリケーションデベロッパー author@gogoroad pega123!
補足:  練習環境では、複数の課題の完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

チャレンジ ウォークスルー

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

詳細なタスク

1 ValidationステージでCSRペルソナを削除する

  1. App Studioのナビゲーションペインで、「Case types」 > 「Assistance Request」をクリックして、「Assistance Request」ケースタイプを開きます。
    補足: Life cycleをクリックして、Assistance requestのケースライフサイクルを表示します。
  2. 「Validation」ステージのCSRペルソナの右で、削除アイコンをクリックしペルソナを削除します。
    補足: ケースを承認する手動の決定が自動化されるため、ペルソナをステージに適用できません。
  3. 「Save」をクリックして、変更内容を適用します。

2 デシジョンシェープを追加し、ステージをValidate requestプロセスに変更する

  1. Validate requestプロセス上にカーソルを置き、Configure processをクリックして、プロセスモジューラーを開きます。
  2. 「Add a flow shape」 > 「Decision」をクリックし、デシジョンシェープを追加します。
    Add a decision shape to flow
  3. デシジョンシェープで、ラベルをクリックし、Validate request入力してデフォルトのラベルを交換します
  4. 「Add a flow shape」 > 「Automations」 > 「Change to a stage」をクリックし、Change stageオートメーションを追加します。
    補足: デフォルトでは、フローシェープはプロセスモジューラーの中央に追加され、オーバーラップすることがあります。 必要に応じてシェープを移動し、プロセスを分かりやすくします。
  5. Change to a specific stageオートメーションシェープへの変更でラベルをクリックして、「Change to rejection stage」と入力します。
  6. Change to rejection stageシェープの右側のプロパティペインにあるStageリストで、「Approval Rejection」を選択します。
  7. キャンバスで「Validate request」Approve/Rejectシェープをクリックして、次にプロセスモジューラーツールバーのゴミ箱アイコンをクリックしてシェープを削除します。
    Delete the Approve/Reject shape in the Validate request process
  8. スタートシェープからのコネクターを、「Validate request」デシジョンシェープにドラッグします。
  9. エンドシェープをポイントするコネクターを削除します。
    Validate request process with a partially configured decision shape

3 Validate requestデシジョンシェープを設定する

  1. キャンバスで、Validate requestデシジョンシェープをクリックして、右側のプロパティペインを開きます。
  2. Validate requestデシジョンシェープのプロパティペインで、Whenリストの「Custom condition」が選択されていることを確認します。
  3. 「When」リストの右にある歯車アイコンをクリックしてConfigure conditionダイアログボックスを表示します。
  4. 最初のドロップダウンリストで、Fields >「Customer ID」 > 「Enrollment」をクリックします。 2番目のドロップダウンリストの値はデフォルトで「true」になります。
  5. 「Submit」をクリックします。
  6. Validate requestデシジョンシェープのプロパティペインにあるGo toリストで、[End]を選択します。
  7. Otherwise go toリストで「Change to rejection stage」を選択します。
    Properties pane for a decision shape in the Validate request process
  8. 右上の「Save」をクリックして、変更内容を適用します。
    Validate request process with a decision shape
  9. キャンバスのヘッダーで「Stages & Steps」をクリックして、ケースライフサイクルに戻ります。

作業の確認

  1.  「Assistance Request」ケースタイプで、「Save and run」をクリックして新しい「Assistance Request」ケースを作成します。
  2. ケースを「Identify issue」ビューの先まで進めます。
  3. 「Enter customer information」ビューで、ロードサイド アシスタンス保障に未加入の顧客のアカウントIDを選択します。
    The Enter customer information step with information for an unenrolled customer
  4. 「Enter payment information」ビューの先までケースを進め、「Prompt for enrollment」ビューを表示します。
    Prompt for enrollment
  5. 2つ目の「Assistance Request」ケースを作成します。
  6. 「Enter customer information」ビューで、ロードサイド アシスタンス保障に加入している顧客のアカウントIDを選択します。
  7. 「Enter payment information」ビューの先までケースを進め、「Select service provider」ビューを表示します。
    The Select service provider step, indicating that the customer was validated
    補足: サービスプロバイダのリストの内容は、「Identify location」ビューで入力された場所によって異なります。 場所が入力されていない場合は、プロバイダのリストは空になります。


下記のミッションにも含まれています。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice