Skip to main content

チャレンジ

ポータルのカスタマイズ

シナリオ

GoGoRoadでは、契約の供給業者を通じてロードサイドサポートサービスを提供しています。 供給業者間での顧客満足度とサービスの一貫性を維持するため、監査者が一般的なサービスリクエストを確認します(車両の開錠、タイヤの修理、バッテリーの充電などを含む)。 新しい監査者の役割は、固有のインターフェイスを必要とします。 供給業者管理ディレクターであるあなたは、新しい監査者ポータルを作成し、既存のランディングページを追加して最近のAssistance requestケースを表示します。 

補足: 作業を開始する前に、さまざまなサービスタイプのケースインスタンスを5~10件生成します。

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 Password
アプリケーションデベロッパー author@gogoroad pega123!
補足: 練習環境では、複数の課題の完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

チャレンジ ウォークスルー

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

詳細なタスク

1 監査者のチャネル インターフェイスの作成

  1. App StudioナビゲーションペインでChannels をクリックして、現在のチャネルインターフェイスを表示します。
  2. Create new channel interfaceセクションで、Portal をクリックしてNew portalダイアログボックスを表示します。
    Click Portal to add a new channel interface
  3. Name フィールドに、「Auditor」と入力します。
  4. Description フィールドに「Custom portal for the GoGoRoad auditor」と入力します。
    New portal dialog box
  5. New portalダイアログボックスで、Submitをクリックします。
  6. Content タブのNavigation menu セクションで、Add separatorをクリックします。
  7. Add item > Custom Pages > Assistance Request をクリックして、Assistance requestランディングページをAuditorポータルの左側にある「Navigation」メニューに追加します。
    Add a custom page
  8. 手順7を繰り返して、Pulse およびTeams 項目を「Navigation」メニューに追加します。
  9. Home 項目の右側にあるTrash can アイコンをクリックして、「Navigation」メニューから項目を削除します。
  10. 手順9を繰り返して、「Navigation」メニューからExplore Data項目を削除します。
  11. Navigation menuセクションで、項目をクリックして次の順番に一致するようにドラッグします。
    Navigation menu of Auditor portal
  12. Configuration タブをクリックします。
  13. Logo ドロップダウンで、選択します Custom logo.
  14. Icon class pickerで、 pi-user-search-solidアイコンを選択します。
    ヒント: 検索バーを使用して、適切なアイコンを配置することができます。
    Custom icon for the Auditor portal
  15. Channel header リストでApplication name + Channel nameを選択します。
  16. Saveをクリックします。

作業の確認

  1. App Studioのヘッダーで、「Preview」をクリックします。
  2. App Studio のヘッダーで、「User Portal」 > 「Auditor」をクリックして、Auditor channelインターフェイスを表示します。
    Switch to the Auditor portal
     
  3. Auditorポータルの左側のNavigation menu にカーソルを置き、メニューに適切なランディングページとポータルアイコンが表示されていることを確認します。
    Auditor Navigation menu
  4. Assistance Request をクリックして、「Assistance Request Summary」ランディングページを開きます。
  5. 右上のDesign をクリックしてデザインモードに切り替えます。
    Design mode
  6. テーブルの上にカーソルを置き、Edit this tableをクリックしてテーブルのプロパティペインを右に表示します。
    Edit this table icon on a table in design mode
  7. テーブルのプロパティペインで、Add columnsをクリックします。
    Add columns icon in the table properties pane
  8. Service type フィールドを追加します。
  9. Design をクリックしてデザインモードをオフにします。
  10. テーブルが更新され、Service type列が追加されていることを確認します。
    Assistance Request Summary landing page


下記のミッションにも含まれています。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice