Skip to main content

アクティビティとバックグラウンドプロセス

アクティビティとバックグラウンドプロセス

アクティビティを使用すると、システムプロセスタスクを柔軟に自動化できます。 たとえば、ある組織が、7日後に期限が切れる商品を20%割引でオファーするとします。 ジョブスケジューラーは、このタスクを実行するために1日1回アクティビティを実行します。 このプロセスを有効にするには、まず、レポートの日付から7日後に期限切れとなる商品をフィルタリングするレポートを構成します。 次にレポートを実行し、期限切れの商品に割引を適用し、データベースで商品の価格を更新するジョブスケジューラーアクティビティを作成します。 次のビデオは、ジョブスケジューラーが起動するたびに開始するアクティビティを示しています。

キュープロセッサーとジョブスケジューラーでは、データベースオブジェクトに対する読み取り/書き込みのトランザクションの扱いが異なります。 ビデオに示されているように、ジョブスケジューラーは、7日後に期限が切れるアイテムを特定し、割引を適用し、変更を保存してコミットするステップをアクティビティに含めます。 ジョブスケジューラーは、データベースオブジェクトの読み取り/書き込み操作を管理しません。 キュープロセッサーは、データベースオブジェクトに対する読み取り/書き込みのトランザクションを自動的に管理します。 キュープロセッサーがオブジェクトを更新する必要がある場合、アクティビティに、処理の一部としてデータベースへの読み取り/書き込みオブジェクトを実行するステップを含めてはなりません。

ヒント: ジョブスケジューラーのアクティビティを構成する際には、ビジネスロジックとトランザクションロジックを分離することがベストプラクティスです。 たとえば、勤続記念日を迎えた社員に、会社がお祝いの手紙を送るとします。 ビジネスロジックは、勤続記念日を迎える従業員を特定します。 トランザクションロジックは、手紙を送るためのプロセスを実行します。 ロジックを分離することで、アクティビティがロックを取得できない場合にプロセスを調整できます。 ロジックを分離するために、ビジネスロジック用に1つのアクティビティを作成し、トランザクション ロジック用に2つ目のアクティビティを作成することができます。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice