Skip to main content

バックグラウンドプロセスのランタイムコンテキスト管理の自動化

AsyncProcessorのリクエスタータイプのコンテキストを手動で変更することなく、システムランタイムコンテキストの自動管理を適用できるようになりました。 この機能により、アプリケーションをインポートまたはアップグレードした後に、キュープロセッサーまたはジョブスケジューラーを有効にすることができます。 キュープロセッサーやジョブスケジューラーを含むアプリケーションをSystem Runtime Contextに追加すると、これらのバックグラウンドプロセスの完了が自動的に管理されます。

下図は、アプリケーションをSystem Runtime Contextに追加するときに選択する「Include in background processing」のチェックボックスです。

Include in background processing check box

詳細については、「System general landing page」および「Automating the runtime context management of background processes」を参照してください。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice