Skip to main content

キュープロセッサーのトレース

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

キュープロセッサーが完了するアクティビティのステータスを確認することで、システムがアクティビティを無事にプロセスできるようにします。 たとえば、データがシステム内で利用できるように、アサインメントに関するインデックス情報に影響を与える問題を特定し、修正できます。 実行中のキュープロセッサーのみをトレースできます。

  1. Admin Studioのナビゲーションペインで「Resources」 「Queue processors」をクリックします。

  2. トレースしたいキュープロセッサーの行で、「Menu Trace」をクリックします。

    キュープロセッサーに関するデータの取得には、最大1分かかります。
  3. 表示された「Tracer」ウィンドウの「STATUS」の列で、具体的なアクティビティをクリックし、アクティビティステータスを分析します。

    たとえば、「FAIL」ステータスのアクティビティをクリックして、キュープロセッサールールに関する問題を特定して解決します。

関連コンテンツ

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice