Skip to main content

バックグラウンドプロセスの実行

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

バックグラウンドプロセスを実行して、ケース完了を加速し、ケース内のアクションを自動化します。 非同期処理やキューアイテムなど、プラックグラウンドプロセスを開始するために、「Run in background shape」を使用できます。

たとえば、キュープロセッサーを実装することで、アプリケーションは、受信者リスト、メッセージ、ケースのフローに非同期的なチャンネルなど、ユーザーに通知を送信したり、情報を計算します。 その結果、バックグラウンドプロセスが終わる前にケース処理が継続できます。

「Run in background shape」はバックグラウンド処理のために、キュープロセッサールールを使用します。 デフォルトでPegaプラットフォームに含まれている標準のキュープロセッサールールを選択するか、カスタムの専用キュープロセッサールールを使用できます。

はじめに: 専用キュープロセッサーを使用するには、最初にルールを作成する必要があります。 詳細については、「Creating a queue processor rule」を参照してください。
  1. Dev Studioのナビゲーションパネルで「Case types」をクリックし、開きたいケースタイプをクリックします。

  2. 「Workflow」タブで、「Life cycle」をクリックします。

  3. ステージ内のプロセスにカーソルを合わせ、「Step」 「More」 「Automations」 「Run in background」をクリックします。

  4. 「Select」をクリックします。

  5. 「Step」プロパティペインの「Type of queue」リストで、実行したいキュープロセッサーのタイプを選択します。

    • デフォルトのキュープロセッサーを使用するには、「Standard」を選択し、次に「Activity name」フィールドで、ルールが実行するアクティビティを入力します。
    • カスタムのキュープロセッサーを使用するには、「Dedicated」を選択し、次に「Queue processor」フィールドで、実行したいキュープロセッサーを入力します。
    標準または専用キューを使用するタイミングについての詳細は、「Queue processor rules」を参照してください;
  6. 「Lock using」リストで、適用するロックのタイプを選択します。

    • アプリケーションが現在プロセスしている最上位ページを開くには、「Primary page」を選択します。

      アプリケーションは、ページを見つけてロックするために「pzInskey」を使用します。

    • 手動で定義するページを開くには、「Key defined on property」を選択し、「Property name」フィールドに、開いてロックしたいページに対応するプロパティ名を入力します。
    • データベースからロックせずにページを開くには、「None」を選択します。
  7. オプション:

    アイテムをキューに入れるためにアプリケーションが使用するコンテキスト以外の異なるコンテキストのアクティビティを完了するには、「Alternate access group」フィールドにアクティビティを完了するために使用するアクセスグループの名前を入力します。

  8. 「Save」をクリックします。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice