Skip to main content

Job Schedulerのルール作成

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

一括処理やシステムクリーンアップジョブなどの、定期的に実行するように設定されたタスクやジョブを実行するには、ジョブスケジューラールールを作成します。

  1. Dev Studioで 「Create」 「SysAdmin」 「Job Scheduler」をクリックします。

  2. ジョブスケジューラールールにラベルとルールセットを追加します。

  3. 「Create and open」をクリックします。

  4. 以下のアクションを実施することで、特定のノードタイプで実行するジョブスケジューラーを設定します。

    1. 「Select node types」アイコンをクリックします。

    2. ジョブスケジューラールールと関連付けたいノードタイプの横のチェックボックスを選択します。

    3. 「Submit」をクリックします。

  5. 「Runs on」ドロップダウンリストで、以下のオプションの一つを選択することで、1つまたはすべてのノードで実行するジョブスケジューラールールを設定します。

    • クラスターのすべてのノードでジョブスケジューラーを実行するには、「All associated nodes」をクリックします。
    • クラスターの1つだけのノードでジョブスケジューラーを実行するには、「Any one associated node」をクリックします。
    いずれかのノードで実行するジョブスケジューラーを設定した場合、Pegaプラットフォームアプリケーションは、タスクがプロセスされるノードを選択します。
  6. 「Schedule」ドロップダウンリストで、ジョブスケジューラールールのスケジュールをクリックし、開始時間などの追加情報を入力します。

  7. 「Context」ドロップダウンリストから、アクティビティ完了のためのコンテキストを選択します。

    • 特定のコンテキスト内のアクションを完了したい場合は、「Specify access group」を選択し、アクセスグループを入力します。

      指定したアクセスグループが、以下のステップで指定するクラスおよびアクティビティにアクセスできることを確認してください。

    • たとえば、ジョブスケジューラーとアクティビティ完了に同じコンテキストを使用するなど、「System Runtime Context」で指定したコンテキスト内のアクティビティ完了したい場合は、「Use System Runtime Context」を選択します。

      詳細については、「Viewing general system settings」を参照してください。

  8. Class」フィールドに、ジョブスケジューラールールのクラス名を入力します。

    指定するクラスには、ジョブスケジューラールールが完了するアクティビティが含まれていなければなりません。
  9. 「Activity」フィールドで、ジョブスケジューラールールが完了するアクティビティを入力します。

  10. 「Alerts configuration」セクションの「Long running queue processor threshold」フィールドで、長時間にわたって実行中のジョブプロセッサーアクティビティのしきい値を変更します。

    アクティビティの実行時間がしきい値を超えた場合、アラートがログファイルに保存されます。 詳細については、「PEGA0118 alert: Long-running queue processor activity」を参照してください。
  11. 「Save」をクリックします。

If you are having problems with your training, please review the Pega Academy Support FAQs.

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice