Skip to main content

「Interrogation Form」でのコントロールプロパティの変更

Changing control properties with the Interrogation Form

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

コントロールのインテロゲーションと名前の変更を行ったあと、「Interrogation Form」内で標準のプロパティやターゲットのプロパティを変更できます。

標準プロパティ

標準プロパティの変更

「Interrogation Form」では、プロパティ値を変更できます。プロパティ値は、現在のコントロールの標準プロパティのグリッドにもあります。 「Properties」を展開すると、標準プロパティだけがここに表示されます。 すべてのプロパティを表示するには、Robot Studioに切り替えてください。

ターゲットプロパティの変更

ターゲットプロパティは、アプリケーション内のインテロゲーションコントロールのプロパティです。 一般的に使用されるターゲットプロパティには、Text、InnerHtml、OuterHtml、EnabledVisibleなどがあります。 これらのプロパティの値を変更すると、アプリケーション内のコントロールの値が変更されるので、インテロゲーション中にオートメーションのテストを行うことができます。 ターゲットプロパティを無効な値に変更すると、アプリケーションに支障が生じることがあります。 「Testing」セクションでメソッドと連係して使用すると、オートメーションで実行するほとんどの手順のシミュレーションを行えます。

詳細については、「コントロールのテスト」を参照してください。 

マッチルールの確認

Match Rules」セクションには、現在のコントロールに割り当てられているマッチルールと、それらがマッチしているかどうかが表示されます。 マッチルールは「Interrogation Form」で直接変更することはできません。 「View match rules」をクリックするとRobot Studioが最大化され、マッチルールを編集できるようになります。 マッチルールの編集を終わったら、Robot Studioを最小化し、「Interrogation Form」に戻ります。 

マッチルールの変更について詳しくは、「マッチルールプロパティの変更」を参照してください。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 100% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice