Skip to main content

「Add Menu Items」を使用する

「Add Menu Items」を使用する

「Interrogation Form」でも「Object Explorer」でも、新しいメニューアイテムをインテロゲーション済みオブジェクトに追加できます。 

補足: 選択したインテロゲーション済みオブジェクトにメニューがすでにプログラムで関連付けられている場合は、2つの「Add Menu Items」オプションのみ表示されます。 オプションが表示されない場合は、別の親または子のコントロールオプションを選択する必要があります。 メニューアイテムを追加するには、選択したコントロールをマッチさせる必要があります。 

メインウィンドウフォームがマッチし、フォームのメニューアイテムがマッチする限り、Pega Robot Studio™はMenu Item Pathマッチルールを使用して、これらのコントロールをマッチします。 パスはメニューオプションの階層を表します。

たとえば、Exitメニューオプションのパスは「File」>「Exit」です。 オートメーションで「Exit」などのサブオプションを使用する場合、Add Menu Itemsウィンドウから「Exit」オプションを選択します。「File」>「Exit」のフルパスは必要ありません。

「Interrogation Form」でメニューアイテムを追加する

  1. インテロゲーションプロセスを開始します。
  2. Target」アイコンを、アイテムが入っているコンテナコントロールにドロップします。
  3. Interrogation Form」の「Control name」リストでコンテナコントロールを選択します。
  4. More」メニューをクリックし、「Add Menu Items」と「Add Context Menu Items」のいずれかを選択します。
    add menu item
  5. Add Menu Items」と「Add Context Menu Items」のいずれかのウィンドウで、インテロゲーション済みのコントロールのリストに追加したいオプションを選択します。
    c05p3e5 02
  6. インテロゲーションプロセスを完了します。

「Object Explorer」からメニューアイテムを追加する

  1. メニューが含まれるメインWindowsフォームに移動します。
  2. Object Explorer」で、Windowsフォームを選択して強調表示させます。
  3. Object Explorer」で、Windowsフォームオブジェクトを右クリックします。
    補足: オブジェクトがマッチしたと表示され、「Add Menu Items」オプションが表示されます。
    C05o3e5 01
  4. コンテキストメニューで「Add Menu Items」をクリックします。
    c05p3e5 02
  5. Add Menu Items」ウィンドウで、リストから目的のメニューアイテムを選択します。
  6. メニューアイテムを動的に作成するウィンドウに移動したら、「Refresh」をクリックして作成されたそれらのアイテムを表示します。
  7. インテロゲーションプロセスを完了します。
トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice