Skip to main content

その他のインテロゲーション技法

その他のインテロゲーション技法

Pega Robot Studio™でのインテロゲーションプロセスは、オートメーションコントロールを認識できないことがあります。 アプリケーション開発に整合性がないと、オブジェクトを見つけにくくなります。 オブジェクトのインテロゲーションメソッドが失敗した場合は、次の方法を使用できます。

Create Control – アプリケーションによっては、アプリケーションの多くのレイヤーによってターゲットオブジェクトが隠され、インテロゲーションプロセスがオブジェクトにアクセスできなくなることがあります。 「Create Control」機能は、インテロゲーションプロセスがターゲットオブジェクトにアクセスし、ソリューションに追加できるようします。

Add Menu Items – 標準のインテロゲーションでは、プロパティを確認するために、Targetアイコンをクリックしてドラッグする必要があります。 インテロゲーションのマウスクリックはアクティブになっているので、インテロゲーションを行うメニューアイテムやオブジェクトのコンテキストメニューにはアクセスできません。 「Add Menu Items」と「Add Context Menu Items」のオプションは、インテロゲーションプロセスでソリューションにメニューアイテムを追加できます。 ユーザーがアプリケーションの上部のメニューにあるオブジェクトを特定すると、「Add menu items」オプションが選択されます。 アプリケーションコントロールを右クリックして「Add Context Menu Item」オプションを使用し、オートメーションに必要なメニューアイテムを特定します。  

Use Web Controls – ターゲットオブジェクトが非表示のコントロールにある場合は、標準のインテロゲーションではそのオブジェクトを見つけられません。 そのようなオブジェクトをアプリケーション内で見つけるには、「Web Controls」タブを使います。 「Web Controls」タブには、現在開いているページから、すべてのウェブターゲットをリストし、オブジェクトをソリューションに追加する便利な方法もあります。 

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice