Skip to main content

ルールのチェックアウト

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

誤ったルール変更や、複数のデベロッパーが同じルールで作業する場合に発生する競合を回避するために、チェックアウトを行うことで、ルールをロックし、ルールを安全に変更できるようにします。 編集前にルールをチェックアウトすると、不要なルール変更を回避できるため、結果として時間を節約でき、アプリケーションの品質も向上します。

チェックアウトできるのは、ロック解除されたルールセットに属すルールのみです。 ロックされたルールセットに属すルールを編集するには、プライベートエディットを行います。 詳細は、「Performing a private edit」を参照してください。

補足: App Studioでアプリケーションを更新する場合、Pega Expressによってチェックインとチェックアウトのプロセスが自動的に管理されます。
  1. Dev Studioのナビゲーションパネルで「Records」をクリックし、編集する必要があるルールの含まれるカテゴリーを展開して、ルールをクリックします。

  2. ルールフォームのヘッダーで、「Check out」をクリックします。

    パーソナルルールセットに、元のルールのコピーまたはベースルールのコピーが配置されます。 ユーザーが変更をチェックインするまで、他のユーザーはこのルールをチェックアウトできません。

  3. 必要に応じて、ルールを変更します。

  4. 「Save」をクリックします。

    アプリケーションによって、チェックアウトしたバージョンのルールに変更が保存されます。 これらの変更は、ユーザーのみに表示されます。 アプリケーションでルールを実行すると、ユーザーのチェックアウトしたバージョンが使用されます。

補足: アプリケーションの他のデベロッパーにも変更が適用されるようにするには、編集したルールをチェックインします。 詳細は、「Checking in a rule」を参照してください。
補足: 変更をすぐにチェックインする必要はありません。 ログアウトした後で、チェックアウトしたルールに戻ることができます。「Discard」をクリックして、パーソナルルールセットからルールを削除することもできます。

  • 標準のルールチェックアウト

    以下のすべての条件を満たしている場合、標準チェックアウト用の「Check out」ボタンが表示されます。

  • プライベートチェックアウト

    通常、標準のチェックアウトで使用できないルールについては、プライベートチェックアウトを実行できます。 たとえば、ロックされたルールセット内のルールをチェックアウトし、このルールを変更して、変更内容をテストできます。

  • ブランチへのルールのチェックアウト

    ブランチにルールをチェックアウトすることで、ルールに変更を加え、ブランチルールセットに保存できます。

  • チェックアウトの表示とバルクアクションへのアクセス

    Dev Studioのヘッダーで「Checkouts」

    アイコンをクリックし、オペレーターがチェックアウトしたルールのリストを開きます。 ルールは、タイプ、名前、適用クラスでまとめられています。 「Private」オーバーレイでは、以下のアクションを実行できます。

  • ルールチェックアウトの注記

    ルールのチェックアウト時に、以下の情報に注意してください。

  • ルールチェックアウトのヒント

    いくつかの機能を使用して、アプリケーションですべてのルールをチェックアウトしたことを判断できます。また、他の機能を使用して変更を元に戻し、デフォルトのチェックイン手順を上書きすることもできます。

  • パーソナルルールセット

    オペレーターIDで「Allow rule check out」オプションが有効になっているユーザーは、ルールインスタンスのコピーをパーソナルルールセットに配置できます。 このルールセットの名前は、「john_sawyer@abc.com」などのオペレーターIDになります。 パーソナルルールセットは、プライベートルールセットと呼ばれることもあります。

  • ルールのチェックイン

    ルールをチェックアウトして編集した後、その変更を開発チームが利用できるようにするには、ルールをチェックインします。 編集や更新を行ったルールをチェックインすると、アプリケーションの効率的な開発に役立ち、他のデベロッパーが同じルールで作業する場合に発生することがあるエラーを回避できます。

  • ルールのチェックインプロセス

    オプションのルールチェックイン機能を使用すると、Pega Platformのフロールールを使用して、アプリケーションへの変更を管理できます。 この機能を使用すると、大規模な開発チームの作業を調整したり、機密性の高いアプリケーションへの変更を制御したりできます。

  • Project Management Framework(PMF)

    PMFとの統合は推奨されていません。 「Application rule」フォームから、Pega Agile Studioなどの別のプロジェクト管理ツールとの統合を設定できます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice