Skip to main content

継承によるルールの再利用

継承メソッド

継承を使用すると、他のケースやアプリケーション用の既存ルールをアプリケーションで再利用できます。 ルールを再利用すると、アプリケーションの品質を損なうことなく開発とテストの時間を短縮できます。

Pega Platform™では、ルールの継承にパターン継承ダイレクト継承の2つの方法を用意しています。

パターン継承

パターン継承は自動です。 パターン継承は、クラス名の構造を使用して再利用可能なルールを判別します。 対象のルールは、そのクラス階層の次に続くものの中から検索されます。つまり、パターン継承はクラス名の接頭辞を共有するクラスを検索します。

次の図は、保険会社(ABCIns)と2つの部門、消費者(Customer)と法人(Business)の基本的なパターン継承階層を示しています。 ABCInsクラスは自動的に、2つの子クラス(ABCIns-ConsumerABCIns-Business)の親クラスになります。この2つの子クラス自体も、それぞれABCIns-Consumer-PolicyProcessingABCIns-Business-PolicyProcessingの親クラスになっています。

次の画像で「+」アイコンをクリックすると、パターン継承の重要度について詳細を表示できます。

ダイレクト継承

ダイレクト継承 は、親クラスが明示的に指定されているクラス間での継承です。 ダイレクト継承は、標準Pega Platformルールや、ビジネスクラス階層外の他のアプリケーションのルールを再利用する場合に適用します。 パターン継承が自動的に使用される場合とは異なり、ダイレクト継承は明示的に使用されます。 ダイレクト継承は、クラスルールのフォームに記述します。

Class rule with directed inheritance

ダイレクト継承は、Work-クラスやData-クラスなどの標準的なPegaクラスに対して定義されたルールを、アプリケーションクラスが継承できるようにするオプションです。

たとえば、TGBという名前の組織を考えてみましょう。 TGBのアプリケーションには、ITチケットのケースと経理購入リクエストのケースがあり、ケースを作成するオペレーターの名前が使用されます(.pxCreateOpName)。 これらのケースは、Work-Coverで定義される標準プロパティである.pxCreateOpNameを、ダイレクト継承によって使用します。

Diagram that represents directed inheritance

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

継承とルールの再利用

Pega Platformでは、継承を通じてルールを再利用しようとすると、まずパターン継承によって示される親クラスを検索します。 特定できなかった場合、Pegaは別のパターン継承を検索する原則として、ダイレクト継承によって示された親クラスを検索します。 このプロセスは、Pegaがクラス階層の最後のクラス(最終ベースクラスまたは@baseclassと呼ばれる)に達するまで繰り返されます。 Pegaでは@baseclassを検索した後にルールが見つからない場合、エラーを返します。

次の例では、自動車保険の請求ケースがケースIDを格納するデータ要素を参照しています。 自動車保険の請求を含むアプリケーションは、汎用の契約管理アプリケーションに基づいて構築されます。 該当する汎用アプリケーションは、Pega Platform上に構築されます。

次の画像で、「+」のアイコンをクリックすると、PegaでケースIDデータ要素を検索する方法の詳細が表示されます。

次の問題に答えて、理解度をチェックしましょう。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice