Skip to main content

ルールのチェックイン

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

ルールをチェックアウトして編集した後、その変更を開発チームが利用できるようにするには、ルールをチェックインします。 編集や更新を行ったルールをチェックインすると、アプリケーションの効率的な開発に役立ち、他のデベロッパーが同じルールで作業する場合に発生することがあるエラーを回避できます。

はじめに: ルールをチェックアウトしてから、そのルールを更新します。 詳細は、「Checking out a rule」を参照してください。
補足: プライベートエディットを行った後でルールをチェックインする場合は、他のデベロッパーが行った変更を上書きする可能性があるため、注意が必要です。 プライベートエディットのチェックアウトについての詳細は、「Performing a private edit」を参照してください。
  1. Dev Studioのナビゲーションパネルで、「Records」をクリックし、チェックインするルールが含まれているカテゴリーを展開して、ルールをクリックします。

  2. フォームのヘッダーで、「Check in」をクリックします。

  3. プライベートエディット後にチェックインを行う場合は、「Check In」ウィンドウの「Destination」セクションに、ルールを保存する場所を指定します。

    • ロック解除されたルールセットにルールを保存するには、「Ruleset」を選択して、ルールセットおよびルールセットバージョンを指定します。
    • ブランチにルールを保存するには、「Branch」を選択して、ブランチを指定します。

    補足: ブランチにプライベートエディットをチェックインすると、他のユーザーが同じルールに対する変更をチェックインした場合に、作業内容が失われる可能性があります。 チェックインによって作業内容が失われる可能性がある場合は、警告メッセージが表示されます。
  4. 「Check-in comments」フィールドに、ルールに対する変更を説明したコメントを入力します。

  5. オプション:

    この開発変更でアプリケーションが関連付けるデフォルトのワークアイテムを上書きするには、「Work item to associate」フィールドで下矢印キーを押してから、ワークアイテムを選択します。

    デフォルトのワークアイテムについての詳細は、「Setting your current work item」を参照してください。

  6. 「Check in」をクリックします。

補足: 編集に承認が不要な場合は、行った変更がすべてのユーザーのルールレゾリューションと実行動作に直ちに影響します。

  • ルールのチェックイン承認プロセスの設定

    ルールセットに対して制御されたチェックインをオンにするには、以下のタスクを実行します。

  • ルールのバルクチェックイン

    バルクチェックインを行うと、時間を節約でき、アプリケーションで編集するルールの管理も向上します。 バルクアクションを行う場合は、アプリケーションで現在チェックアウトされているすべてのルールを表示し、一度に複数のルールをチェックインできます。

  • ブランチへのルールのチェックアウト

    ブランチにルールをチェックアウトすることで、ルールに変更を加え、ブランチルールセットに保存できます。

  • ルールのチェックアウト

    誤ったルール変更や、複数のデベロッパーが同じルールで作業する場合に発生する競合を回避するために、チェックアウトを行うことで、ルールをロックし、ルールを安全に変更できるようにします。 編集前にルールをチェックアウトすると、不要なルール変更を回避できるため、結果として時間を節約でき、アプリケーションの品質も向上します。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice