Skip to main content

プライベートエディットの実行

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

アプリケーションが顧客の固有のニーズを満たしていることを確認するために、プライベートエディットを行って、通常のチェックアウトでは使用できないルールを変更できます。 ルールをプライベートエディットとしてチェックアウトし、ロックされたルールセットに属するルールを編集します。

プライベートエディットは、他のチームメンバーの作業を妨げることなくすばやくデバッグするのに便利です。プライベートエディット中は、他のシステムアーキテクトも同時にルールを編集できるためです。

プライベートエディットを実行する際は、個別のサンドボックスでルールを編集します。ここで変更を行い、テストを実施できます。 結果として、プライベートエディット中も対象ルールが含まれる元のルールセットは変更されないままなので、高品質のアプリケーションを維持し、エラーの発生を防ぎます。

  1. Dev Studioのナビゲーションパネルで「Records」をクリックし、編集する必要があるルールの含まれるカテゴリーを展開して、ルールをクリックします。

  2. ルールフォームで、「Private edit」をクリックします。

  3. ダイアログボックスが表示されたら、「Continue with private edit」をクリックします。

    パーソナルルールセットにルールのコピーが保存されます。 パーソナルルールセットのルールは、他のユーザーの実行時の動作や、このルールで実行できるアクションに影響を及ぼしません。

  4. ルールを編集します。

  5. 「Save」をクリックします。

    アプリケーションによって、チェックアウトしたバージョンのルールに変更が保存されます。 これらの変更は、ユーザーのみに表示されます。 アプリケーションでルールを実行すると、ユーザーのチェックアウトしたバージョンが使用されます。

補足: アプリケーションの他のデベロッパーにも変更が適用されるようにするには、編集したルールをチェックインします。 詳細は、「Checking in a rule」を参照してください。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

このコンテンツは 50% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice