Skip to main content

ルールのバルクチェックイン

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

バルクチェックインを行うと、時間を節約でき、アプリケーションで編集するルールの管理も向上します。 バルクアクションを行う場合は、アプリケーションで現在チェックアウトされているすべてのルールを表示し、一度に複数のルールをチェックインできます。

バルクチェックインでは、標準のチェックアウト手順でチェックアウトしているルールのみがサポートされます。 プライベートチェックアウト後のチェックインルールについての詳細は、「Performing a private edit」を参照してください。

  1. Dev Studioのヘッダーで、「Checked out records」アイコンをクリックします。

  2. 「Checked out records」ウィンドウで、「Bulk actions」をクリックします。

  3. 表示されるウィンドウで、チェックインする1つ以上のルールの横にあるチェックボックスを選択します。

  4. 「Check-in comments」フィールドに、変更の簡単な説明を入力します。

  5. ウィンドウ下部の「Start」ボタンの横にあるリストで、「CheckIn」を選択します。

  6. オプション:

    すべてのコメントにプレフィックスを適用するには、「Bulk Prefix」フィールドにテキストを入力して、「Insert」をクリックします。

  7. オプション:

    この開発変更でアプリケーションが関連付けるデフォルトのワークアイテムを上書きするには、「Work item to associate」フィールドで下矢印キーを押してから、ワークアイテムを選択します。

    デフォルトのワークアイテムについての詳細は、「Setting your current work item」を参照してください。

  8. 「Start」をクリックします。

    補足: Status」列にバルクチェックインの結果が表示されます。

  • チェックアウトの表示とバルクアクションへのアクセス

    Dev Studioのヘッダーで「Checkouts」

    アイコンをクリックし、オペレーターがチェックアウトしたルールのリストを開きます。 ルールは、タイプ、名前、適用クラスでまとめられています。 「Private」オーバーレイでは、以下のアクションを実行できます。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice