Skip to main content

ルールの作成

Pega Communityのロゴ

注: 次のコンテンツはPega Communityを参照したページで、モジュール内容の理解度を高める目的で含まれています。

時間を節約し、プロジェクトが顧客固有のニーズを確実に満たすようにするために、再利用可能なアプリケーション要素を使用してルールとデータインスタンスを作成します。 ルールタイプ、名前、クラス、ルールセットを組み合わせることで、作成する各ルールに固有のアイデンティティを提供します。

  1. Dev StudioのいずれかのExplorerメニューのヘッダーで、「Create menu」「record category」「record type」を選択します。

  2. 「Create」フォームのレコード設定エリアで、レコードの名前を指定して、レコードのキーパーツを定義します。

    1. 「Label」フィールドに、レコードの目的を示す簡単な説明をテキスト形式で入力します。

      ベストプラクティスとして、最大30文字を使用します。 Pega Platformによって、入力したルール名にルール情報が付加されて完全修飾名が作成されます。

    2. オプション:

      レコードの名前キーパーツをデフォルトとは異なる値に手動で設定するには、「Identifier」フィールドで「Edit」をクリックして、名前を更新します。

      このフィールドのデフォルト値は、「To be determined」です。 「Label」フィールドに入力したテキストに基づいて、このフィールドに読み取り専用の値が自動的に入力されます。 スペースと特殊文字は無視されます。

      「Identifier」フィールドの値を手動で変更した場合は、「Label」フィールドに新しい値を指定しても、「Identifier」フィールドに値が自動的には生成されなくなります。

    3. 残りのフィールドに、レコードの他のキーパーツを指定します。

      キーパーツ、タイプ、制限の数は、レコードタイプによって異なります。 ベストプラクティスとして、各キーパーツの先頭を文字にし、文字、数字、ハイフンのみを使用します。

    4. オプション:

      このレコードタイプでサポートされている他のすべての設定オプションを含めるには、「View additional configuration」オプションをクリックします。

      これらのオプションはレコードタイプによって異なり、クイック作成オプションをサポートしているレコードにのみ表示されます。 特定のルールタイプにクイック作成オプションを使用すると、ルールフォームを開かずに「Create」ダイアログで直接ルールを作成できます。 このオプションを使用するルールタイプには、プロパティ、フィールドバリュー、when条件、フロー、アクティビティが含まれます。

  3. 「Context」セクションで、「Development branch」リストが表示されたら、レコードを保存するブランチを選択します。

    • ブランチバージョンのルールセットにレコードを作成するには、ブランチ名を選択します。

      指定したブランチルールセットがまだ存在しない場合は、ルールを作成するとルールセットが自動的に作成されます。

    • ロック解除バージョンのルールセットにレコードを作成するには、「No branch」を選択します。

    現在のアプリケーションまたは組み込みアプリケーションレイヤーのいずれかでブランチを定義するときに、フォームに「Development branch」リストが表示されます。

  4. レコードを保存するアプリケーションレイヤーを選択します。

    選択した開発ブランチにアクセスできるアプリケーションレイヤーにのみ、レコードを保存できます。

    補足: 現在のアクセスグループに製品のルールセットが定義されている場合、スタックに最初のオプションとして「Production Rulesets」オプションが表示されます。 このオプションを選択すると、「Add to ruleset」フィールドのみが制限されます。
  5. 「Apply to」フィールドで、このレコードを適用するクラスを選択します。

    デフォルトでは、このリストには、選択したアプリケーションレイヤーからアクセスできるケースおよびデータタイプが自動的に入力されます。 アプリケーションのニーズに対応する、クラス階層内の最下位のクラスを選択します。

    例: MyCo-LoanDiv-から派生するすべてのクラスのすべてのオブジェクトにレコードを適用することが確実であるとき以外は、MyCo-LoanDiv-ではなくMyCo-LoanDiv-MortgageApplicationを新しいフローやプロパティのApply toクラスとして選択します。

    補足: ケースまたはデータタイプではないクラス名を選択するには、「View all」リンクをクリックします。
  6. 「Add to ruleset」フィールドで、レコードを含めるルールセットの名前を選択します。

    開発ブランチを[No Branch]に設定しているときや、選択できる使用可能なブランチがないときは、指定したルールセット名のバージョンを指定します。

  7. オプション:

    この開発変更でアプリケーションが関連付けるデフォルトのワークアイテムを上書きするには、「Work item to associate」フィールドで下矢印キーを押してから、ワークアイテムを選択します。

    デフォルトのワークアイテムについての詳細は、「Setting your current work item」を参照してください。

  8. 「Create and open」をクリックして、レコードフォームを表示します。

補足: 「Create and open」をクリックすると開く次の画面、レコードフォームに入力してこのフォームを保存します。

  • ルールのステータスと可用性の設定

    指定した使用情報が詳しく示されるようにルールのステータスと可用性を設定して、実行時にユーザーが正しいバージョンを確実に操作するようにします。

  • ルールの検索

    Dev Studioでは、廃止されていないルール、データオブジェクト、ヘルプシステムで全文検索を使用できます。 ヘルプシステムのトピックはいつでも検索できます。 ルールやデータの検索は、システムによって保持されるインデックスファイルに依存します。

  • Dev Studioでのシステム構成の設定

    システムを設定するには、Dev Studioの「System Settings」メニューを使用します。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

Thank you for your feedback.

このコンテンツは 18% のユーザーにとって役に立ちました。

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice