Skip to main content

Search

Looking for instructor-led training?

Case Management Intermediate

  • Mission

    Case Management Intermediate

    5 Modules

    5 Challenges

    6 hrs 5 mins

    Visible to all users
  • Pega Platform™を使用したケースマネジメントについて引き続き学習します。

Pega Platformアプリケーションの作成

  • Module

    Pega Platformアプリケーションの作成

    3 Topics

    50 mins

    Visible to all users
  • 新しいアプリケーションをゼロから開発することは、どの組織やデベロッパーにとっても非常に大きな負担になる可能性があります。 すべてのアプリケーションは、メンテナンス、カスタマイズ、再利用が簡単になるように、確立された組織の標準に準拠する必要があります。

    New...

SLA(サービスレベルアグリーメント)構成の拡張

  • Module

    SLA(サービスレベルアグリーメント)構成の拡張

    4 Topics

    40 mins

    Visible to all users
  • Dev Studioで、より複雑なサービスレベルアグリーメントを構成して、アサインメントの遅延プロセスを必要とするビジネスニーズに対応できます。 さらに、デフォルトの緊急度設定を変更して、あるケースタイプを別のケースタイプよりも優先させたり...

ケースの同時アクセスの管理

  • Module

    ケースの同時アクセスの管理

    4 Topics

    30 mins

    Visible to all users
  • Pega Platformで、複数のユーザーが同じケースにアクセスする場合にそれを管理する方法について、および本番アプリケーションで競合が発生しないようにケースロックを構成する方法について学びましょう。

システムパフォーマンスのデバッグ

  • Module

    システムパフォーマンスのデバッグ

    4 Topics

    1 hr 15 mins

    Visible to all users
  • パフォーマンス問題を診断するには、問題の根本原因を理解する必要があります。 たとえば、あるアプリケーションが画面を表示するのに1分かかるとユーザーから報告があったとします。 デベロッパーは、根本的な問題がデータベースアクセス、ルールアッセンブリー...

システムパフォーマンスの測定

  • Module

    システムパフォーマンスの測定

    5 Topics

    1 hr 25 mins

    Visible to all users
  • Pega Platform™は、パフォーマンス統計やイベントを通じてアプリケーションのパフォーマンスを評価するツールを用意しています。 パフォーマンス統計は、Pegaサーバーで発生したパフォーマンス問題と、ワークフローで呼び出される外部システムで発生したパフォーマンス問題を区別するのに役立ちます。

    ...

フローアクションプロセス

  • Module

    フローアクションプロセス

    4 Topics

    35 mins

    Visible to all users
  • Pega Platform™では、事前処理アクションと事後処理アクションをフローアクションに追加してデータを操作できます。 これらのアクションでは、関連タスクをフローアクションに追加できます。 たとえば、人の名字と名前を連結してフルネームを作成できます。

ログファイルの確認

  • Module

    ログファイルの確認

    6 Topics

    45 mins

    Visible to all users
  • Pega Platform™には、アプリケーションのエラーやパフォーマンス、セキュリティーの問題などのシステムイベントを記録するログがあります。 ログファイルを使用して、開発から本番までのリリースサイクルを通して問題を特定し、トラブルシューティングを行います。

並列処理

  • Module

    並列処理

    4 Topics

    40 mins

    Visible to all users
  • 複数のプロセスを並行して実行するステージを構成し、ユーザーがタスクをそれぞれ独立して実行できるようにします。 ケースの処理で2つ以上のプロセスを並行して進めることができるワークフローを構成する方法を学びましょう。

権限マトリクスでのカスケード承認の設定

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice